Main | December 2004 »

2004.11.30

おれおれ詐欺の被害金の返還請求が門前払いとは。

 日曜日の新聞にこんな記事が出ていました。おれおれ詐欺の被害者が振り込んだ現金を取り戻そうと、振込みの控えのカタカナ名義の人物を相手取って請求訴訟を起こしましたが、住所と正確な名前を特定しないと審理しないと却下されたということです。

 犯人はまだ逮捕されておらず、相手方を特定できません。また、警察、銀行に問い合わせても守秘義務を理由に教えてもらえません。被害者側は裁判所が「調査嘱託手続」で照会すべきと訴えましたが、認められなかったということなのです。私は「調査嘱託手続」というのはよくわかりませんが、東京地裁では認められた例もあるということですから、法の不備というよりも裁判所の怠慢という気がします。

 被害者側は「杓子定規なやり方だ」として抗告したということですから、今度は認めてあげてほしいと思います。今回は振り込んですぐに警察に届け、口座をストップできたために、振り込んだ資金は口座に残っているようで、早く被害者に返せるようにすることが必要だと思います。たとえ、搾取した相手がわからなくとも、だまし取られたお金が明らかにそこにあることがわかるのなら返してあげるのが正しいと思うのです。

 これだけ問題になっているおれおれ詐欺なのですから、司法も被害者救済にできるだけのことはやるべきでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.29

ジャパンカップデー

 昨日は飲みすぎた。まだ具合が悪い。ジャパンカップダートの前に小川直也が出てきて、入場者数は12万人に迫るといっていた。確かに混んでいた。ダートはアドマイヤドンに勝たせたかった。(馬券的にも) でも、このレースだけで見ると損はしなかったので、納得できる。アメリカのトータルインパクトは4着。そんなものか。もっと走ると思っていたけど、遠征の影響もあるのかもしれない。

 ジャパンカップは、藤沢ーペリエコンビのゼンノロブロイが1番人気に応えた格好。私の予想は、ゼンノロブロイに3歳馬が絡むと思っていたが、コスモバルクは有馬までとっておきたい、菊花賞馬デルタブルースは他の馬に逆転される、と考えて2・3着の2頭をはずしていた。これはしょうがない。

 トータルでは多少のマイナスですんだ。GⅠを2レースも堪能できたのだから、安いものだと自分を納得させた。一緒にいた友人が「GⅠの2レースとも2着に5枠10番が来ている。JRA50周年だった。」などと井崎脩五郎のようなことを言う。いまさら・・・・・

 昨日の夕方は府中の飲食店は、どこも繁盛していたのではないか。私が入った居酒屋も、入って程なく満席となり、かなりにぎわっていた。それを、あらかた客が引くまで飲んでいたから具合が悪いのだろう。自業自得。はい、すみませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.28

東京競馬場

11.27東京競馬場.JPG


 昨日は天気も良く、競馬日和だった。というわけで、久しぶりに指定席に行ってきた。A指定席。新スタンドの指定席は本当にきれい。何よりガラス張りでないのがいい。昔のD指定席だが、今はゴール位置が西にずれてここがちょうど良くなった。上から見ると直線コースの坂の様子がよくわかる。それでいて直線は長いので馬のひづめの音と一緒に最後の直線の攻防が堪能できる。

 しかし、環境は最高だったが、馬券は最悪だった。メインで1着が田中勝のキネティクスとは。そうか、今日は重賞じゃないから勝春を買っても良かったか。私が期待したロイヤルキャンサーは7着。鞍上のルメールは前のレースで降着になったショックがあったのか。ルメールはJCでコスモバルクに乗るだけにショックを引きずるようであればコスモバルクは要らないかもしれない。それにしても三連単で186万円。ここまで荒れると私には無理な馬券となってしまう。

 関西も大外れ。京阪杯は1着に来たオークス馬ダイワレルシエーロは強かった。御見それしやした、といったところだが、5頭出ている3歳馬が1着~5着を占めるなんて、他の古馬たちは情けないでしょうといいたくなる。
 
 そんなわけで、大損をしてしまったが、JCデーの今日こそは  と誰もが思っているんだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.27

イラク援助疑惑


 イラクへの経済制裁実施当時、国連によるイラク援助に不正がありこのプロジェクトに関わった者は、フセイン政権と結託して利益を享受していたという疑惑があるとのことだ。これについて、アナン事務総長は独立調査委員会を結成し、真相の究明に乗り出している。しかし現在のところ、調査結果は公開されていない。

 アメリカも上・下院の外交委員会にそれぞれ、この問題に対する小委員会を設置。調査を進めてきた。これらの委員会が最近出した調査によると、イラク援助プロジェクトを通して旧フセイン政権が得た不正資金は、213億ドルに上るとのことである。

 アメリカ側の調査結果だけでは信用できないが、アナン事務総長がアメリカのイラク攻撃を違法だといった背景にこんなことがあったのかと思う。アメリカもイラクの選挙実施に向けて国連の協力は必要だろうからあんまり騒ぐこともできないのかもしれないけれど、国連自身による調査結果は早く公表してほしいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.26

日銀マンやっちゃいましたね

 日銀で職員が新紙幣の人気の高い通し番号のお札を自分のとすり替えていたとして処分されたとニュースでやっていました。最初このニュースを聞いた時、私自身が処分された人の立場だったらもしかしたら同じようなことをやっていたかもしれないなと思いました。でも、あくまで内部的な処分で、刑事告発はしていないと聞くと、それはそれでちょっといいのかなと疑問に思ってしまいます。

 今回は、自己で所有する目的だったということですから、すり替えたお札はまた日銀に返したのだろうと思うのです。でも、新紙幣の番号が抜けていることに気づいて問い合わせをした人はそれで納得できるのでしょうか。

 問い合わせをした人は人気の高い通し番号を期待したのではないか、でも、その人は番号順にお札を受け取る権利はなく、日銀も通し番号で渡す義務もない。だから、その人は損害賠償請求などできない。日銀にしても、損害がないからすり替えた職員に賠償請求できない。でもなにか、ちょっと違和感がある。

 人気の通し番号札は、日銀の中にあるうちは1万円札は1万円の価値ですけど、市中に出回りコレクター間で取引されると1万円以上の価値を持つわけですよね。もし、すり替えた職員がすでに転売していたらどうでしょうか。こういうお札の相場はわかりませんが、例えばその1万円札が5万円で転売されていたら、内部処分だけで終わったでしょうか。きっと、内部処分に加えてもっと厳しい措置がとられたのではないでしょうか。例えば、刑事告発とか。この場合は窃盗になるのでしょうか。

 ただ、転売されていても民事で損害賠償は難しそうだと思います。先ほど申し上げたように、番号が抜けていることに気づいた人にはその番号のお札を請求する権利はない。日銀には損害はない。だから、すり替えた人には損害賠償請求できない。と思うんです。

 でも、すり替えた職員は5万円の利益を得ています。これは、罰金にでもしてその職員から取り上げておかないと示しがつかないでしょう。今回は転売していないから罰金はなしとしても、刑事処分はしておかないと、今後似たような事件が起こらないとも限らないのではないでしょうか。

 どうでもいいことですが、ようやく考えがまとまりました。今回刑事告訴を見送った日銀の態度は甘い、ということでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.24

11月23日

 ラグビーの早慶戦は早稲田の圧倒的な勝利。フォワードが強いとホントに安心してみていられる。それでも、開始直後は慶応もディフェンスの出足が速く、早稲田も苦戦するかと心配したけど、それも始めだけで、早稲田は本当に強かった。対抗戦の優勝は12月の早明戦で決まるわけだが、慶明戦で慶応が勝っていて早慶戦で早稲田が圧勝なら、早明戦でも早稲田が簡単に勝ちそうなものだが、学生ラグビーの面白いところはそうはならないところ。きっと明治が奮起して早稲田をてこずらせるに違いない。かなりいい試合で早稲田が勝つ試合を期待したい。

 そのあとは相撲。時天空と朝赤龍の対戦で珍しく水入りになったけど、つまらない取り組みだった。時天空は双差しになったにもかかわらず、攻められない。いろいろ考えるのだろうけれど、プロなんだから見ていてつまらない相撲はやめてほしい。怠慢とは思わないけれど、そういわれても仕方がない。散々時間を食って、結局負けているんだから言い訳もできない。思いっきりいって、思いっきり負けたほうが人気も出るのに。

 魁皇は白鵬に負けた。朝青龍が今場所調子いいだけに綱取りは厳しくなった。それにしても白鵬はすごい。19歳というのに威厳がある。テレビで見ていると、貴乃花を思わせる。魁皇が負けたのは残念だけど、白鵬ならしょうがないと思える。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.11.23

学園ドラマ

 韓流ブームとかで、韓国ドラマが人気だが、私はまだ一つも見ていない、と女性の友達に話したらとても驚かれた。そして、これから見るのなら、「冬のソナタ」が有名だが、それからではなく「秋の童話」から見たほうがいいといわれた。どうも、彼女なりの好みがあるらしい。

 テレビドラマは嫌いではなく、むしろよく見るほうだと思う。今見ているドラマでは、フジテレビの「めだか」を欠かさず見ている。定時制高校が舞台の学園ドラマといっていいと思う。娘の結婚が決まって相手とその両親に挨拶に行く泉谷 しげるを心配して担任のミムラとクラスメート全員が集まってしまうなんて、いかにも学園ドラマの臭い部分だが、見ていていいなと思ってしまう。自分や自分の周りにそんな臭いことをする人間はいないだろうと思うが、どこかでそういうのもいいなと感じるのだ。

 学園ドラマといえば、今、「金八先生」も放送されている。私はまさに金八世代というか、杉田 かおるの「十五の母」の時は中二、「腐ったみかん」の時は中三だった世代である。当時は欠かさず見ていた。それ以降も金八先生がやっていてもあまり見ることはなかった。先日久しぶりに見てみたら、正直言ってあまり面白いとは感じなかった。
 
 「金八先生」ではすでに自分の子供くらいの年齢の子らが生徒で、自分に中学生くらいの子供がいれば違うのかもしれないが、特に共感するようなこともない。「めだか」では定時制だけあって、生徒は普通のサラリーマンだったり、高校を中退した奴だったり、年齢も置かれた環境も様々な人たちが集まっている。多様な人々の中なら、自分もその中にいてもおかしくないと思ってしまう。だから臭いと思っても共感を覚えてしまうのかもしれない。
 自分の年齢を考えると、学園ドラマでは生徒より先生に近いのだが、「金八先生」の先生方は懐かしさは感じるが、桜中学の先生は自分がどんなに年をとっても先生である。自分たちの頃は、校内暴力に立ち向かった強い先生で、尊敬の対象であっても共感の対象ではない。今回は麻薬問題に立ち向かうようだが、もし自分が先生になっていたとしても、金八先生のように強くはなれないと思う。むしろ、「めだか」のミムラのように小学校の恩師に泣き言を言って励まされるほうが自分に近いと感じる。

 そんなわけで「めだか」を見ているのかもしれない。では、いま中村 雅俊の学園ドラマを見たらどう思うのだろうか。何年か前に「俺たちの旅」の現在バージョンみたいなのが放送されていたが、あまり記憶にない。確か懐かしいと思って見たとは思うのだが、その時はあまり意識せずに見ていたのだろう。「夕陽丘の総理大臣」なんかもどこかの放送局で再放送しているのかもしれないが、今見て面白いと思えるかどうか自信はない。でも、やっているのを見つけたら多分見てしまうだろうと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.11.22

マイルCS

 1着から3着まで社台の勝負服で決まってしまうなんて・・・

 デュランダルは強かった。これで休み明け二走目は3回連続で1着に来ている。直線の伸びは1頭だけ違っていた。2着のダンスインザムードは天皇賞の時にはお世話になったが、今回はどうも調教が軽いような気がして買わなかったらやられてしまった。藤沢厩舎にはいつもこのパターンでやられることが多い。先週3着のエルノヴァもそうだった。わかっているなら買っとけばよさそうなものだが、自分の意思に反して買って、こなかったときのショックが嫌なので買えない。でも、これからは藤沢厩舎で外国人騎手なら買っておこう。3着にはいったテレグノシスは東京以外でよく走ったというところだろう。友達は騎手が横山典だからという理由でこの馬を買っていた。騎手の腕がよかったのかどうかはわからない。でも、私も横山典は好きな騎手だ。

 私の本命はアドマイヤマックスだった。安田記念2着の実績はあるし、香港マイルでも勝てなかったけれどいい走りをしていたようだった。この馬にデュランダル、テレグノシスの3頭で買ってみたが、アドマイヤマックスは6着、あとの2頭は1着、3着。う~ん、3連複、3連単などとぜいたくは言いません。来週はJC、どうかあたりますように、と馬頭観音にお願いしておきました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.20

酒の趣味

 夕べはもののけ姫を見ながら寝てしまった。ワイン1本空けたせいだろう。ワインといっても18日に解禁されたボジョレ・ヌーボーではない。昨日、コンビニへ行ったらボジョレ・ヌーボーが2400~2500円くらいで売っていた。いってみれば旬のものでもあるから、一瞬「飲んでみたい」とも思ったが、普段1000円前後のワインを飲んでいる身には、「まだ評価が固まっていない新作に普段の倍以上を払えるか。」と考え、いつもの酒屋でいつもどおり1000円くらいのワインを買って帰った。
普段、3000円くらいのワインを飲んでいれば、ためらいもなくコンビニでボジョレを買ったんだろうけど・・・

 今日は友人宅に夕飯を呼ばれている。ちょうど、青森の田酒が一升あるのでこれを持って行こうと思う。田酒は2~3年前に国分寺の蕎麦屋で飲んで以来になる。メニューには書いてあっても、いつも品切れ状態なのが田酒のイメージ。生産量が少ないらしい。人気が出ても安易に増産しない蔵元の姿勢がいい。買える時に買っておく、飲める時に飲んでおく。酒飲みはこの姿勢で臨むべきだと考える。「酒の一滴は血の一滴」という人もいたが、いい酒をうまい料理と楽しく飲む、これに尽きる。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.11.19

小泉さんは制裁反対?


・小泉首相は17日の党首討論で、北朝鮮への食糧援助は日朝実務者協議とは別で、国際機関を通じて出すべきときに出すとの発言をした。ということは、小泉さんは北朝鮮には経済制裁をしないということか。経済制裁をしながら食糧援助とはいかないから、小泉発言は経済制裁は考えていないといっているに等しい。

北朝鮮に拉致問題をきちんと解決しようとさせるのに、援助という方法をとるのがいいのか、制裁という方法をとるほうがいいのか、私は後者を支持する。そして、もし人道的援助といって援助する国があるなら、その国も制裁の対象とすべきだ。そうでなければ制裁の効果がなくなる。

拉致という人道に反する行為はまだ続いている。すべての拉致された人の消息を明らかにして、何のためにどうやって非人道的行為に及んだかきちんと説明した上で、同じ過ちを犯さないことを明確にしないと終わったとはいえない。

非人道的行為を行っている国に対して、人道的援助を行うなど道理に合わない。非人道的行為を行っている国を援助することは、非人道的行為に手を貸すことに等しい。北朝鮮で何百万人の人が飢えて死のうと、日本国民の一人である私は、日本から拉致された一人の人の命を救うことのほうが重要であると考えている。 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.11.18

九州場所

 
・武双山が引退を決めた。同じ大関でも魁皇は綱取り、武双山は引退と対照的になった。

若い外国人力士に注目している。白鵬と琴欧州だ。モンゴル出身の白鵬は、まだ19歳だが、その強さは見ていて気持ちがいい。貴乃花のような強さといっていいと思う。
琴欧州は2メートルを越す長身だが、組んだときの腰の低さに驚く。ただ、体が大きいだけの外国人力士ではない。番付は白鵬が前頭筆頭で、琴欧州は十枚目だが、この二人の優勝争いの取り組みを見てみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.17

自己紹介

 
 ど~も、星野 知倫と申します。ホシノ トモミチと読むのですが、なかなか「トモミチ」と読む人はいません。
よく、「トモノリ」と読まれるのですが、倫を「ノリ」と読むのかどうかは知りません。「ミチ」は読み方というより、倫の意味で「人のみち」というのがあるので、親はそこからとったようです。

 いずれにしても読みにくい名前なので、友達からは「チリン」と呼ばれたりもしました。ただ、「チリン」では小坊主のようでやだといいましたら、「トモリン」にしてくれたのですが、40歳に近いオッサンにトモリンもないので、tomorinとしてweb上のニックネーム等に使っております。

 そんなことで、テキトーに気が向いたときに書いていきたいと思います。どうぞヨロシク!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | December 2004 »