« 韓国カンニング事件 その後 | Main | 米大統領就任式 無神論者の訴え却下 »

2005.01.19

初場所十日目

 魁皇が左肩痛で十日目から休場。綱取りを騒がれて、怪我を押して昨日まで相撲をとってきたのだろうが、怪我も含めて体調管理は自己責任。しっかり直して再度綱を目指して頑張って欲しい。

 朝青龍は強い。昨日の内無双は自分の取り組みがよく見えているから出せる技だと思う。当たり負けない、組んだら強い、技も持っている。本当に憎たらしいほど強い。体は小さくても北の湖理事長の横綱時代を髣髴とさせる。

 もう一人の大関、千代大海は今場所引かなくなった点はいい。でも、前に出るだけでは能がない。前に行くだけでいつまでも相撲が取れるほどの器とは思えない。

 若手で注目は、白鵬、それと琴欧州。白鵬はもはやいうまでもない。琴欧州は昨日の栃東戦でもそうだが、当たる時の姿勢がいい。あの体であの低さ、あれが貴ノ浪にあったら横綱だったろうにと思えるほどの取り組み。
 もう一人あげれば、岩木山。当たりの強さ、前に出る力は千代大海以上だと見た。今場所、前頭筆頭なので次は三役復帰間違いないと見ているが、そうなったらあとは相撲のうまさを身につけて欲しい。

|

« 韓国カンニング事件 その後 | Main | 米大統領就任式 無神論者の訴え却下 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/2622272

Listed below are links to weblogs that reference 初場所十日目:

« 韓国カンニング事件 その後 | Main | 米大統領就任式 無神論者の訴え却下 »