« ラグビー大学選手権決勝 | Main | 魁皇がんばれ! »

2005.01.11

初場所二日目の感想

1.10.'05.60x60
 昨日の天気はやたらと良かったのですが、風は非常に冷たかった。東京競馬場は人出が多く賑わっていましたが、私の馬券はおとなしく捨てられていくだけでした。

 相撲を見ていたら、魁皇は負けてしまいました。これで今場所での綱取りはもう無理だと思います。今場所綱取りを果たすには、私は全勝優勝しないと納得できないと思っていました。負けても朝青龍にだけ負けて、1敗で優勝ならまだ望みはあるかな、といったところではなかったでしょうか。

 いま、横綱になるということは、朝青龍の向こうを張って十分やっていけるだけの力士でなければ意味がありません。魁皇が二場所連続で優勝して、もしかしたら朝青龍より強いかもしれないと思わせれば当然横綱ですが、今場所はそれは魁皇には不可能です。それでも綱取りをさせたいなら、全勝優勝でしょう。全勝でもないとすると、負けても対朝青龍に1敗だけでの優勝です。横綱が1番か2番取りこぼす中で、横綱以外の力士には決して負けないというところを示さないと、朝青龍に対峙して綱を張ることはできないと思うのです。ですから、昨日琴の若に負けた時点で、綱取りはなくなったと考えます。

 でも、相撲の魅力は横綱だけではありません。若貴のお父さんの貴乃花は大関まででも私は好きでしたし、人気もありました。小錦だって横綱の器ではなかったのかもしれませんが、素晴らしい力士でした。魁皇も「気は小さいけれど力持ちのお相撲さん」で私は好きな力士です。好きだからこそ、安易な綱取りよりも、一番一番を魁皇らしくしっかりと相撲をとってほしいと思うのです。もちろん、いずれ横綱になってほしいとは思います。たとえ、横綱在位が一場所だけで引退になろうと、あるいは結果的に横綱にはなれなくとも、土俵に上がる以上は上を目指して堂々とした相撲を見せてほしいと願います。

 昨日見ていてよかったのは、岩木山です。高見盛を相手に、同郷の先輩としてしっかりとした相撲をとっていました。立会いから一歩も止まらずにまっすぐ進んで、寄り切りとも押し出しともつかないように見えましたが、決まり手は寄り切りでした。次にこの二人が対戦する時は見ものです。高見盛にしても、これ以上同じ相手に負け続けたくはないでしょうから、どんな攻略法を編み出すのか楽しみです。高見盛には今日こそ初日を出してほしいと期待します。

|

« ラグビー大学選手権決勝 | Main | 魁皇がんばれ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/2536890

Listed below are links to weblogs that reference 初場所二日目の感想:

» スレてる僕も高見盛親子に涙しました。 [エロ店長のススキノ奮戦記]
高見盛の親子愛に涙。このエピソードを相撲ずき?なみなさんに啓蒙すべくTバック。なお、当ブログは18才未満の方の閲覧はご遠慮いただいております。 [Read More]

Tracked on 2005.01.15 at 01:54

« ラグビー大学選手権決勝 | Main | 魁皇がんばれ! »