« 議員年金活用法 | Main | FPシンポジウム »

2005.02.05

西武鉄道株主提訴

 西武鉄道の個人株主による損害賠償請求訴訟が提訴されました。(日経ネット)西武鉄道の有価証券報告書への虚偽記載は事実ですが、どうも訴えている内容にしっくり来ないものを感じます。

 損害として基準にしている株価が、虚偽記載の発表により下落する直前の株価、1,081円と上場廃止を決めた時点の株価、268円を比べてその差額を損害といっているのですが、西武鉄道株を買ったときの値段は考慮しなくていいのでしょうか。普通に考えれば、上場廃止によって西武鉄道株式の流動性が失われるため、上場廃止前に売った株式の税務上の売却損がいわゆる損害ではないのでしょうか。つまり、買った値段と売った値段の差額がマイナスだった場合のみ損害があったということではないのかなと思います。まだ売っていない人は損害賠償ではなく、上場廃止によって売りたくても売れなくなったのは西武鉄道の責任なので、買った値段で引き取れという請求が妥当なのではないかと思います。

 記事によると、原告団の中には高齢者の方もいらっしゃるようで、資産が目減りして不安に思っておられる方もいるようです。気の毒だなとは思いますが、ちょっと何か違うような気がします。虚偽記載の発表前の株価は、正しい事実を織り込んでおらず、いわば作られた株価です。このような虚構の株価を基準に損害賠償請求を認めることは、私には違和感があります。また、原告団は西武線沿線の方が多く、鉄道やレジャー施設を株主優待で利用するのが楽しみだった人がいると記事にありますが、西武鉄道のHPには株主優待のご案内はでていて、まだ使えるように見えます。これはあんまり関係ないのだろうなという気がします。

 もう1件、西武鉄道株の訴訟があります。こちらは弁護士である個人株主が1人で争っていて、請求額は60万円ということです。この60万円はどのようにして計算したものかはよくわかりませんが、こちらの裁判のほうが早くに提訴されて関係者も少ないので、結論が早く出ると思います。参考になるでしょう。

|

« 議員年金活用法 | Main | FPシンポジウム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/2794973

Listed below are links to weblogs that reference 西武鉄道株主提訴:

« 議員年金活用法 | Main | FPシンポジウム »