« ローテクの使い道 | Main | 北朝鮮声明 »

2005.02.11

ライブドアの買収騒動に思うこと

 ライブドアの狙いはどこにあるのでしょうか。事業提携が狙いであれば、株式の買収などをしても反感を買うだけということくらいは分かっていたはずです。それにもかかわらず、買収を仕掛けたということは、普通に提携を申し入れても相手にされないという自覚があったのでしょうか。フジテレビの経営陣は、事業提携の話は寝耳に水だというコメントでしたから、事前に提携話を打診したわけではないようです。

 事業提携が狙いとして、ライブドア側が自分の話を聞いてもらうためにニッポン放送の筆頭株主になったのだとしたら、そうまでしないと聞いてもらえないようなつまらない事業プランだったのか、それともそこまでしてでも実現したい素晴らしい事業プランなのか。狙いはヤフー追撃だと幹部が言ったそうですが、欲しいものは買ってしまおうという発想は、この会社の参入を拒んだプロ野球界の盟主、読売巨人軍の選手集めを思い起こさせます。ライブドアに限らず、経済活動として企業買収は普通に行われていることですし、私は巨人ファンでもありますのでこの発想自体を否定はしません。でも、いくら巨人でも嫌がる選手を無理やり連れてきたりはしないはずです。今回のライブドアのやり方は、選手が嫌がるのを承知で相手球団に金だけ渡して無理やり連れて来ようとしているように見えます。

 オリックスがいかにラブコールを送ろうとも、嫌がる岩隈を連れて来れなかったように、何の大義名分もなしに敵対的買収を仕掛けてもうまくいくとは思えません。フジサンケイグループの経営や業務がどうしょうもなくダメだというなら別ですが、そうでもないのにライブドアのためだけに欲しいというのでは、大義名分があるとはいえません。やっていることは乗っ取り以外の何ものでもないわけで、率直に「見苦しいな」というのが感想です。
 

|

« ローテクの使い道 | Main | 北朝鮮声明 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/2875633

Listed below are links to weblogs that reference ライブドアの買収騒動に思うこと:

« ローテクの使い道 | Main | 北朝鮮声明 »