« 民営化≠市場主義 | Main | 多数決の限界 »

2005.07.28

皇位の継承に思うこと

 皇室典範に関する有識者会議の中間報告の要旨を読みましたが、国民の理解と支持、伝統、安定性のどれもを満たすような案は難しいのだなと感じました。男系男子に限る案と女性天皇と女系による継承を認める案の二案の取捨選択となってしまうのはやむをえないのでしょうが、私としては二案のどちらかではなく、女性天皇を認めても女系天皇は認め難いというのが率直に思うところです。
 男系男子に限るとして旧宮家から皇族復帰をという意見も非常によく理解できます。皇族を離れて60年も経つとか、今上天皇との共通の祖先は600年もさかのぼる遠い血筋だとかいう意見もあったようですが、皇室の歴史は2,000年とはいわないまでも確実に確認できるだけでも600年の倍以上の歴史があります。600年さかのぼることが適当でないなら、1,000年以上さかのぼる平安時代の皇室と現在の皇室との繋がりを否定することにもなりかねません。
 日本画家の出雲井晶氏が昨年口語訳した昭和天皇の歴史教科書として使われたという「国史」を読みますと、聖徳太子のひいおじいさんにあたる継体天皇という天皇のときに皇位が傍系に移ったことが書かれています。
天皇の御位は神代の昔から天照大神の血統と定まっていますから、何代か代が隔たっていたり、都をはなれ隠れ住んでおられてた王子が継がれることはありましても、皇位はすこしも揺らぐことなく、ますますしっかりとしたものになっていきました。ですから、世に知られていなかった王子をお迎えして、天皇の御位を継いでいただき、心を一つにして皇室の安泰をはかった多くの臣下たちの功績と、それを支えた国民の心情は、そのどちらも尊いものです。
 天皇が天照大神の血統かどうかはおいておいても、古代から世に知られない隠れた傍系の血筋に皇位が継承されてきたわけですし、それを尊ぶ気持ちがこの「国史」が書かれた大正時代まではあったことは確かです。平成の今はそんなことを尊ぶ気持ちはなくなったといわれればそれまでですが、国の象徴として天皇家の存続を願うのであれば、今でも心を一つにして皇室の安泰をはかる心情は尊いといっていいと思います。
 高崎経済大学の八木修次助教授によりますと、11の旧宮家のうち7家が今も存続していて5家に男系男子の跡継ぎがいるということです。跡取りでなくとも男系男子がいるのでしたら、この方々と女性皇族の方々とのご結婚がなされることが一番望ましいことは確かです。そうすれば、法律上女系天皇が認められても実質的には男系で繋がりますし、皇位を男系男子に限っても皇后が生まれながらの皇族でしたらこれに反対する意見の人にも納得を得やすくなると思います。
 封建時代のように当事者の意思を無視して結婚を強制するのかと怒られるかもしれませんが、もともと皇族は人権に制約があるものです。現在は一般人である旧宮家の男子の人権は最大限尊重しなければならないでしょうが、彼らと内親王様方とのご結婚を切に望みます。

|

« 民営化≠市場主義 | Main | 多数決の限界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/5172306

Listed below are links to weblogs that reference 皇位の継承に思うこと:

« 民営化≠市場主義 | Main | 多数決の限界 »