« 犯罪被害にみるクレジットカードとキャッシュカード | Main | 不良債権と金利 »

2005.07.01

どちらか一つだけでも

 世の中にはおかしなこともあるものだと思います。恐らくはおかしなことの原因は怠慢であることが多いような気がします。

 牛肉の輸入が急増したために、8月にも輸入制限措置、いわゆるセーフガードが発動される見込みだということです。輸入牛肉の関税が38.5%から50%に上がるということです。牛肉は、アメリカで2頭目のBSE感染牛が見つかって、アメリカからの輸入再開は再びいつになるのか見えなくなってしまったというのに。一昨年の暮れにアメリカからの輸入が止まって、昨年は例年に比べても相当に輸入量が減ったことは誰でも容易に理解できることです。その後今年になってオーストラリアなどからの輸入が多少増えたからといって、特殊事情で急減した昨年を基準にして、今年の牛肉輸入が急増したから国内畜産農家を守るために関税引き上げというのは何かおかしいと言わざるを得ません。

 一方で、北朝鮮からのアサリの輸入が再開されているようです。改正油濁法によって義務づけられた保険への加入が進んだためですが、改正油濁法の施行の頃は北朝鮮への経済制裁を求める声が多く、経済制裁代わりと考えて油濁法の厳格適用を歓迎した向きもありました。いまだに何の手も打たずに拉致問題に進展はなく、北朝鮮による核の脅威だけが増している状況です。家族会の方の抗議の座り込みを政府はどう見ていたのでしょうか。

 牛肉セーフガードによってもっとも影響を受けるのは、最近輸入が増えてきたオーストラリア産でしょう。サマワで日本の自衛隊を守っているオーストラリアの牛肉の関税を引き上げて、拉致問題を進展させないばかりか核の脅威をちらつかせる北朝鮮からのアサリの輸入が増えているというのは、何かおかしいといえると思います。状況を考慮せずにただルールを適用するだけという怠慢と、対話と圧力といいながら圧力を使おうとしない怠慢、この二つの怠慢が世の中をおかしなものにしています。

 二つの怠慢を一度に直すことが難しいのなら、とりあえずはどちらか一つでも早急に直してもらいたい。そう願わずにはいられません。

|

« 犯罪被害にみるクレジットカードとキャッシュカード | Main | 不良債権と金利 »

Comments

 お久しぶりです。紫藤です。
 この記事もそうですが、全般的に”tomorin”さんは「経済に強い!」のです。
 これを武器に「人気ブログ・ランキング」に登録されたらどうですか? 
 ”経済”か”政治”あるいは”ニュース”でもいいですし、同時に複数のカテゴリーを選択し、割り振る(例えば:経済80%、政治10%、ニュース10%とか)ことも出来ます。
 ただ、「ランキングの上昇・下降に一喜一憂する」精神的疲労をもたらす危険もありますが。(現実に私もその気があります・笑)
 「ノンビリやりたい」というのも、一つの選択肢です。
 しかしもし、「ランキングに登録」し、”あえて評価を仰いでみたい”とお考えでしたら、「ランキング・ポイントを上げる方法」を、いくらでもお教えします。

Posted by: 紫藤ムサシ | 2005.07.02 at 11:17

紫藤さん、いつも有益なアドバイスをありがとうございます。「人気ブログ・ランキング」を考えたことがないわけではありませんが、自分の性格から言って一喜一憂しそうですし、ご覧の通り時々気が向いたときに書き散らしているような有様ですので、「ノンビリ」やっていこうと思っております。
 最近余裕がなくて、紫藤さんのブログにもあまりお邪魔していませんでしたが、時々拝見はしておりました。いつも楽しませていただいております。これからもどうぞよろしくお願いします。

Posted by: tomorin | 2005.07.03 at 09:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/4777147

Listed below are links to weblogs that reference どちらか一つだけでも:

» 摩邪・マジャコング!吼える!Part.2 [神風特攻ブログ:燃えよ!ニッポン:武士の国!]
紫藤: さぁ!お待たせしました! 「摩邪・マジャコング選手」 の入場です! 摩邪 [Read More]

Tracked on 2005.07.02 at 20:34

« 犯罪被害にみるクレジットカードとキャッシュカード | Main | 不良債権と金利 »