« 多数決の限界 | Main | ハッキリした選挙に »

2005.08.08

衆議院解散

 まさかまさかと思いながら、郵政法案は参議院で否決、衆議院が解散されてしまいました。ちょうど、昨夜飲みすぎて寝ていたので、昼過ぎからなんとなくぼんやりとテレビを見ていました。参議院の法案否決を理由に衆議院を解散すること、解散に反対する閣僚を罷免してまで解散するという異例づくめではありますが、民意を問うことはいいことなんだろうと思います。

 この時期に選挙で政治空白をつくることはどうかというマスコミの意見もありますが、郵政以外にもっとやることがあるというのが本当の民意なら、この選挙でそれを示せばいい。もともと民主主義は非効率なものなんだし、民意を問うのに税金の無駄遣いというのは議論がおかしい。もし選挙にカネがかかりすぎるというのなら、カネのかからない選挙制度が必要なのであって、カネがかかるから民意を問うのを控えるということはまさしく民主主義の否定です。

 参議院での郵政法案の否決から衆議院の解散までの今日の経緯を見れば、今度の選挙の争点は「郵政民営化」だという小泉首相の言い分はもっともです。参議院での否決が本当に民意を反映しているのかどうか、私もどうも疑わしいと感じます。小泉さんが郵政民営化を叫んで行った今までの国政選挙はなんだったのかということになります。当然民営化に反対する意見もあるのでしょうが、どちらが民意なのかはっきりさせるいい機会です。与党は民営化賛成、造反と野党は民営化反対でどちらが過半数の議席を取るかで政策が決まっていく。あまりゴタゴタいわずに論点をスッキリさせれば、投票率も上がって良いのではないでしょうか。

 政局の混乱で、外国人投資家の資金が日本の市場から離れていくと心配する意見もあります。そうなるのかもしれません。でも、選挙で今までの改革路線が継続することが確実になれば外資の日本離れは起こらないはずです。与党の中で改革路線に反対するというネジレがなくなれば改革はもっと速やかに行われて、むしろ日本への投資は増えることも考えられます。改革路線を継続して外資の日本離れを起こさせないようにできるかどうか、これも民意が決められるということです。改革の是非を民意が決める選挙なら、喜んで投票したいと思います。

|

« 多数決の限界 | Main | ハッキリした選挙に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/5370499

Listed below are links to weblogs that reference 衆議院解散:

« 多数決の限界 | Main | ハッキリした選挙に »