« 衆議院解散 | Main | 郵政民営化~おさらい »

2005.08.10

ハッキリした選挙に

 今度の選挙はこれまでの数年間の国政選挙の中でも割と投票率の高い選挙になるのではないかと期待しています。小泉さんが全選挙区に自公の候補者を立てるという話を、これまでの「常識」からはとても無理だろうと見る向きもありますが、解散などしないだろうという大方の見方を裏切って解散した変人なら、候補者とキッチリそろえることもやりかねないと思いますし、そうであることを期待したいものです。

 全選挙区に自公の候補者が立てば、全有権者は自民党執行部のいう郵政民営化に賛成か反対かの「国民投票」ができることになります。民主党をはじめとする野党と造反組は争点は郵政だけではないと訴えるでしょうが、郵政に賛成か反対かに絞ったほうが多くの有権者にはわかりやすい。

 まるで、アメリカの大統領選挙のような感じがあります。小選挙区制での衆院選挙ですから、実質的に首相を選ぶ選挙であることに違いありません。選ばれる議員はある意味、米大統領選挙で選ばれる大統領選挙人のように首相選挙人でもあるわけです。小泉純一郎か岡田克也かを選ぶ選挙人です。その意味で実際には衆院議員の候補者が大物である必要は全くない。

 「私は当選したら小泉純一郎を首相にするよう議会で投票し、郵政法案に賛成します。」こう言えれば議員の役割を果たせるわけですから、この程度のことをできる人物なら全選挙区に候補者を立てることも可能なのではないかと思います。そんな程度の人間を国会に送って良いのかという考えもあるでしょうが、通常の選挙でどれだけ候補者のことをわかって投票する有権者がいるのかといえば、甚だ怪しいといわざるを得ないのではないでしょうか。恐らくは、候補者の後援会などに属する完全な支持者といえる人以外は、候補者の人となりなどよくわからず、経歴書に書かれていることやたまたま聞いたときの演説の印象などで投票しているのではないでしょうか。よくてテレビの討論番組に出ていてその主張に賛同してといったところでしょう。

 これから郵政法案を討論して作り上げるのであれば、それだけの見識のある人物を選ぶ必要がありますが、ほぼ出来上がっている法案に賛成か反対かを表明するだけなら見識の有無はほれほど重要ではありません。その代わり、郵政法案が成立したら再度解散して次の政策を決める議員を選ばなくてはなりません。

 国会議員を選ぶのに見識があろうがなかろうが構わない人を選ぶことに違和感をもつ人もいるでしょうし、政策ごとに選挙することは無駄だという人もいることでしょう。そういう人は小泉流の自公に投票しなければいいことです。

 選挙が終わると密室でゴチャゴチャやって政策を決めていたこれまでやり方を批判するなら、今度の小泉流の意思決定方式は無駄は多いかもしれませんが非常に透明です。何より解りやすい。一番最悪なのは、自公も民主もそれぞれ過半数に届かず、造反組など少数者がキャスティングボードを握ってしまうことなのですが、郵政民営化に賛成か反対か、首相は小泉か岡田か、という単純な選択基準でより多くの人が投票すれば自ずとどちらかに収斂してくるのではないかと期待したいと思います。

|

« 衆議院解散 | Main | 郵政民営化~おさらい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/5396598

Listed below are links to weblogs that reference ハッキリした選挙に:

» ネットTVで反対派荒井広幸氏(参院議員)の話しをじっくり聞きました。いや~ぁ、小泉の"郵政民営化"なんてとんでもないナ。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
インターネットTV、VIDEONEWS.COMでじっくり聞きました。http:/ [Read More]

Tracked on 2005.08.18 at 12:46

» 郵政民営化と金の流れを図に描いて考えてみました。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 要するに、問題点は次のようなことらしい。  郵政民営化法案は何度も修正された上 [Read More]

Tracked on 2005.08.18 at 12:46

» 皆さん読んだ方がいい「海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判」 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 以下、重要な記事と判断し、また現下の緊迫化した政治情勢にかんがみ、全文引用しま [Read More]

Tracked on 2005.08.22 at 20:03

« 衆議院解散 | Main | 郵政民営化~おさらい »