« 公職選挙法改正にはIT活用を | Main | 阪神上場プランの胡散臭さ »

2005.09.22

休眠口座

 1,000円未満でATMで引き出せない程度の金額だと、解約手続きが面倒でそのままにしている銀行口座が確かあったような気がします。残高が0でそのままにした口座もあったかも・・・残高が0でも油断はできません。利息がついていて、0だと思っていたのが実は何円か残っていたりしますから。

 銀行の休眠口座とはどのくらいあるのでしょうか。最近新たに設立された銀行でなければかなりの口座数になるのではないでしょうか。イギリスで、『銀行の「長期休眠預金」を慈善事業に振り向け』ということが検討されているということです。預金だけではなく、保険・投信も含めてその額がイギリスでは3兆円にもなるということです。日本ではどのくらいになるのかは知りませんが、イギリスで3兆円なら日本でも同じくらいか、多分それ以上にあるような気もします。

 休眠口座の資金でも、厳密には10年もすれば時効で銀行のものになるはずですが、休眠口座とか睡眠口座といった口座でも預金者が請求すれば、銀行は時効を主張することなくきちんと払い戻しているようです。ただ、口座を維持するにも費用はかかりますから手数料を徴収しようという銀行もあるようですが、手数料を取ると明示する以前に開設された口座が休眠口座になっても手数料は取らないということです。これからできる口座が休眠にならなくなっても、既にある口座が休眠になることは十分ありえます。休眠口座を整理して、数兆円もの資金が捻出されるのであれば、これを何らかの有効な使い道を考えてみてもいいのではないかと思います。

 休眠口座は銀行ばかりではなく、これから民営化される郵便貯金にもかなりの額が眠っていることが予想されます。民営化されれば預金保険に加入するために名寄せをするはずです。その際に休眠口座を特定して、催告の上で郵貯銀行で吸い上げて預貯金者へ還元することも考えていいのではないでしょうか。休眠口座を放っておけば費用がかかるのなら、放置すべきではないでしょうし、その資金はもともと預貯金者のものであったことを鑑みれば預貯金者のために使う。こんなことをすれば民営化されても郵貯は支持されるでしょうし、既存の民間銀行も見習えば民営化の一つの意義ともいえるでしょう。

 細かいことでも塵も積もれば山となります。ポーズであっても小さなことを大切にする姿勢を示せば、その金融機関は大きな共感を得られるように思います。

|

« 公職選挙法改正にはIT活用を | Main | 阪神上場プランの胡散臭さ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/6069242

Listed below are links to weblogs that reference 休眠口座:

« 公職選挙法改正にはIT活用を | Main | 阪神上場プランの胡散臭さ »