« 阪神上場プランの胡散臭さ | Main | 割れる判断とフェアプレイの精神 »

2005.10.25

目的税への疑問

 消費税はいずれ上がるのだろうとは思っています。700兆円もの財政赤字を放置するリスクを考えれば、痛みを伴っても増税のほうがマシだと考えます。ところで、消費税を社会保障目的税化しようという話を聞くのですが、どんなものかと思います。細川政権が潰れるきっかけになった、福祉目的税というのがありましたが、結局、増税をし易くするための言い訳のように思えて仕方がありません。

 なんにせよ、増税はいずれ必要になるもので、増税した消費税の全額以上が社会保障費に使われるという現実があります。社会保障費に使うということなら増税も受け入れやすいだろうから、そういう目的税にすれば増税しやすいということなのでしょう。しかし、どうなのでしょうか。そういう目的税にしないと受け入れられないような増税なら、まだ説明不足だったり歳出削減努力が足りなかったりするということも言えそうな気もします。

 「道路特定財源の見直し」がなされる方向ですすんでいます。もともとは受益者負担ということで、自動車税等は道路整備などの目的に使われるように決められていたのを、見直そうとしています。現状においては社会保障費は増える一方で、まさか将来において「社会保障目的税の見直し」など考えられませんが、将来のことは誰もわかりません。現在の状況は1985年に似ているといわれることがあります。あの当時も中曽根首相で選挙に自民党が大勝して、株価が上がりだして、阪神タイガースが優勝していました。でも、あの時、それから10年後には大変な不況に突入していて、デフレになって深刻な金融危機が訪れるとは誰も思わなかったはずです。そういった意味で、目先のやり易さで目的税化することには疑問があります。

 そうはいっても、状況が変ればまたそのときに合った政策を議論して決めればいいのかもしれません。ただ、そうすると効率の悪さを覚悟しなければなりません。民主主義は本来、非効率なものとはいえ、上げてしまった税を下げるとか、徴収した税金の使い道を変更するといったことは、国民に新たな負担を増やすことではありません。そうであればこういうところは、プロセスよりも効率的であることを重視してもいいような気がします。

 税金をどう使うのか。これは重要な問題です。役人に好き勝手にさせておくことはできません。しかし、だからといって誰がやっても間違いないようにいちいち目的税化するのがいいのでしょうか。役人にもある程度自由にやらせても、国民がしっかり監視すれば問題はないように思います。確かに国民の監視は、どうしても事後にならざるを得ないでしょう。その意味では役人の不正を事前に阻止することはできないかもしれません。しかし、不正に対する罰則を厳しくすれば、不正の抑止効果はあるはずです。役人による不正のリスクはあっても、効率を優先させてもいいように思います。

 役人というと「お役所仕事」という言葉に代表されるように、非効率の塊のようにいわれますが、小さな政府を目指していく中でそれでは困ります。不正をしないことは当たり前で、効率よくやることを民間同様に求められてしかるべきです。いえ、民間以上に効率的でなければならないはずです。そうすると、役人にも自由を与える代わりに、効率を上げてもらってなおかつ結果を出してもらう必要があると思います。増税しやすいからという安易に流れることこそ、「お役所仕事」を増やす原因かもしれません。

|

« 阪神上場プランの胡散臭さ | Main | 割れる判断とフェアプレイの精神 »

Comments

せいさく0319と申します。
掲載されている日記を興味深く拝見させていただきました。事後の御連絡となりましたが、当方の記事にリンクをはらせていただき、日記を紹介させていただきました。リンクをはらせていただいた件について何か差しさわりがございましたら、その旨、御連絡ください。

また、よろしければ、今後ともそちらのサイトを拝見させていただくつもりですので、よろしくお願いいたします。

せいさく0319 
サイト名 気になるブログ10件
mail:noguchi0319@mail.goo.ne.jp 
http://plaza.rakuten.co.jp/kininaruburogu10/

Posted by: せいさく0319 | 2005.10.25 at 08:22

せいさく0319さん、はじめまして。
「気になるブログ10件」拝見させていただきました。ブログを取り上げるブログというのは、なかなか斬新な視点ですね。これからもどうぞよろしくお願いします。

Posted by: tomorin | 2005.10.26 at 15:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/6557366

Listed below are links to weblogs that reference 目的税への疑問:

» 消費税12%時代到来か [社長の本音日記]
郵政民営化法案を速攻可決させた小泉自民党ですが、いよいよ消費税率についての発言が出だしました。自民党財政改革研究会による財政再建に関する中間報告では、消費税を社会保障目的にのみ使うという方向性が打ち出されました。 読売新聞「消費税「社会保障目的税」に、....... [Read More]

Tracked on 2005.10.25 at 07:04

» 今こそ庶民は怒るべきなのである [非国際人養成講座]
直前のエントリーの続きですが、大切なことを言い忘れていました。それは、 庶民は怒るべきである ということです。 [Read More]

Tracked on 2005.10.30 at 11:58

» 返してくれへんの?なんでよ!! [鉄人ママの社長ブログ]
税金の無駄遣いといいますが、税金不正経理計936億円に上ったのをご存じですか? [Read More]

Tracked on 2005.11.10 at 11:49

» 編集日記③納得いかない消費税増税! [読み人日記-「なるほど感」のある本の紹介-]
私は「税」の専門家ではない。しかし、この議論が「おかしな前提」の上に成り立っている事はわかる。消費税は最も公平な税だとして評価される風潮もあるようだが、「公平=良い政策」という図式が常に成り立つわけではあるまい。この問題の本質は消費税増税で「苦しむ人々」、そし... [Read More]

Tracked on 2005.11.11 at 04:13

« 阪神上場プランの胡散臭さ | Main | 割れる判断とフェアプレイの精神 »