« December 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.27

さようなら、ホリエモン

 小泉首相が昨年の総選挙で堀江氏を応援したことについて、ようやくその道義的責任を認めました。

 総選挙で堀江氏応援、首相が「責任甘んじて受ける」

逮捕されたライブドア幹部の犯罪容疑は、昨年の選挙以前のことであり、犯罪容疑が確定すれば、選挙運動時はすでに犯罪者であったということになります。知らなかったとはいえ犯罪者を国会議員にするよう国民に呼びかけたわけですから、やはり事件と選挙は別というのは通らないことだろうと思います。韓国で拘束されていた拉致事件の実行犯である辛光洙を釈放するように韓国政府に要求した政治家は、知らなかったからといってもその道義的責任は免れないのと同じことでしょう。

 私はライブドア事件があろうとなかろうと、小泉改革は支持します。堀江氏らは小泉改革が生んだ犯罪者であるかのように野党の政治家たちは言っていますが、それは違うと思います。はき違えた自由を求める者がいると、かえって規制の強化につながって、結果的にはむしろ自由を妨げることになるのだと思います。それこそ彼らは、形を変えた抵抗勢力だったと言っていいでしょう。フェアな競争を避けるようにして脱法行為的なことを行い、周囲がそれを許容していては到底公正な市場など望むことはできません。ルールに不備があったことは確かでしょうが、だからといって脱法行為を正当化することはできません。

 今回は堀江氏らが明らかな違法行為も行っていてくれたおかげで、フェアプレーを否定する彼らを市場から排除することが出来ました。でも検察が違法行為を見つけるまでは不公正な市場参加者をそのままのさばらせていたわけで、この点は反省しなければなりません。それは選挙で堀江氏を応援した自民党の政治家ばかりではなく、時代の寵児などとはやしたてたマスコミもわれわれ国民も同様だと思います。真に公正な市場でなければ、自由で創造的な経済活動を行うことは困難です。不公正な市場でも頑張ることはできるかもしれませんが、これはまったく非効率で何のための市場かわからなくなります。

 堀江氏らは罪を償ったとしても、考え方を改めない限りは二度と市場に戻ってきて欲しくない。正直、そう思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.10

宮城県

 最近、世間を騒がせている事件で個人的に関心を持ったものに、マンション強度の偽装事件と、犯人はすでに捕まった仙台の赤ちゃん誘拐事件があります。関心を持ったといっても事件の内容がどうのということではなく、共に犯人が宮城県の人であるという点でちょっと「アレ?」と思ったということです。

 私は、親の仕事の転勤によるものでしたが、宮城県内の公立の中学、高校に通っていました。ですから、「どこの出身ですか?」と聞かれれば「宮城県です」と答えます。とはいえ、宮城県には友達はいても実家はおろか親戚さえもいません。そんな訳で、あまり宮城へ行くこともなく、まして多くの友人が帰省して一家団欒を過ごす正月には宮城へ行くことなどありませんでした。でも今年は中学校の同窓会の連絡をもらい、卒業してちょうど25年ということもあって、正月にホテルをとって宮城県に行ってきました。

 中学と、高校も一緒だった同級生に “「姉歯」君” という人がいました。私を含めて同窓会に出席したほとんどの人が、例の姉歯氏と親戚なのかどうか気になっていました。残念ながら(?)、いや安心したことに親戚でもなんでもないということでしたが、本人にしてみれば仕事上でも名刺交換する度に聞かれているのだろうと思うと気の毒な気もするのですが、むしろ初めての人でも話題ができて名前を覚えてもらいやすいというメリットもあるということでした。とても前向きで、仕事も順調なようで安心しました。

 赤ちゃん誘拐事件については、やはり犯人に対しては強い憤りを感じます。私自身には子供はいませんが、いてもおかしくはない歳ですし、多くの友人から子供の話を聞かされたりすることがよくあります。生まれたばかりの自分の子供が誘拐されたことを知ったときの母親の絶望感は、想像するだけですが、とても言葉にすることはできないだろうと思います。それだけにとにかく無事に保護されたことは本当によかったと思います。

 この誘拐事件は同窓会から帰ってきた直後に起こり、報道に出てくる地名も聞き覚えのある馴染み深いものだけに、被害者のご両親のことを思わざるを得ない気持ちでした。テレビや新聞で自分の故郷が出ているとうれしくなるものですが、こんなことでは故郷の地名も聞きたくはないものです。何も宮城県には悪い人が多いわけではありまん。これからはもっといいことで宮城が出てきてほしいと思っています。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »