« 皇位継承問題は今こそ積極的に議論すべき | Main | 不可解な判定 »

2006.02.25

若さと失敗について

 トリノ五輪では開催前、スケートボードなどの種目で10代の若い選手たちがマスコミでよく取り上げられ、私もその活躍に期待していました。若い選手たちはオリンピックの大舞台でよく頑張って、メダルには届かなかったものの、素晴らしい活躍をしてくれたと思います。ただオリンピックとは別の世界大会などではもっといい成績を出している選手もいることから、本当のの実力を発揮できていない選手もいるのではないかと思います。しかし10代で、しかも初めてのオリンピックでなかなか実力を十分に発揮することは難しいのだろうと思います。仮に実力を発揮できないことを失敗とするなら、若い選手たちの失敗は経験となって次につながる前向きの失敗であると思います。

 若いといえば、堀江などのライブドアの旧経営陣です。30代ですが企業経営者としては非常に若い。若いがゆえにコンプライアンスよりも儲けに走って失敗をしたのかもしれませんが、こちらの失敗は次につながるようなものではありません。オリンピック選手なら失敗もいい経験といえますが、犯罪者に犯罪もいい経験だなどといわれてはたまりません。でも堀江らが罪を償って、再度ビジネス界で挑戦することも可能だろうと思います。しかし過去に犯罪を犯した事実は消えるものではありません。その反省に立った上での再挑戦でなければならないと思います。このことを十分に肝に銘じていなければ、再挑戦してもまた失敗するでしょうし、何より周囲から受け入れられないはずです。

 さて、もうひとつの若さによる失敗といわれているのが民主党の執行部です。メール疑惑の裏を取らずに騒ぎ立てて、その責任を問われる事態になっています。経験のある執行部なら組織として動いて、メールの信憑性を確認したり疑惑を証明する別の方法も考えていただろうといわれています。前原代表をはじめとする若い執行部の未熟さが露呈したということです。そうなのかもしれません。ところで、この失敗は前向きの失敗なのでしょうか、犯罪と同様の失敗なのでしょうか。

 良い失敗と悪い失敗に分けるなら、良い失敗はルールを守ってフェアに行動してその結果として失敗するものだし、悪い失敗は法律違反などルール無視のアンフェアな行動による失敗だということなのではないかと思います。だとすると、民主党の永田議員や前原代表たちは、フェアに行動したといえるのかどうか。本人たちの見解と傍から見た見解は違うかもしれませんが、失敗に対する反省だけは真摯に行わないと、ますます見苦しいだけで信頼できない政治屋集団と私の眼には写ってしまいます。

|

« 皇位継承問題は今こそ積極的に議論すべき | Main | 不可解な判定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/8826415

Listed below are links to weblogs that reference 若さと失敗について:

« 皇位継承問題は今こそ積極的に議論すべき | Main | 不可解な判定 »