« March 2007 | Main | May 2007 »

2007.04.25

こんな人たちだから

 今日の日経新聞を見ますと、トップ記事は「政府、欠損金12兆円穴埋め」という見出しになっていました。

政府が2003年度以降、雇用・能力開発機構、宇宙開発事業団など54の特殊法人を49の独立行政法人に移行する過程で、総額12兆円の繰越欠損金などを政府出資金で穴埋めしていたことがわかった。新法人に移行する際、過去の損失を民間企業の資本金にあたる政府出資金で相殺し、減資した。明確な説明をしないまま巨額の政府出資金を消した形で、政府の説明責任が問われそうだ。

 政府の出資金=国民の税金です。これが何の説明もなく、無駄遣いと批判された勤労福祉施設などの売却損の穴埋めに使われていたということです。そういえば私の住む市内にもあった勤労福祉会館が数年前に取り壊されて、今は公園になっています。あそこの公園は都の管理になっていたような気がします。あの土地ももしかしたら都に売却されて売却損が出て、税金でその穴埋めをされていたのかもしれません。まあ民間に売却されてマンションが建つよりはよかったとは思いますが。

 結果論としては政府の出資金を減資して、累積した損失の穴埋めをすることは仕方なかったと思います。出資している先が損失を抱えてしまった以上、何とかしなければなりませんから。でも、減資する前になぜ出資者にきちんと説明しないのでしょうか。政府の関係部署はその旨を了解していたのでしょうが、真の出資者は政府でも、財務省でも厚生労働省でもありません。国民です。

 このようなことが公けになれば関係者の処分は免れず、それがいやで隠れてやってしまったのではないかと思います。しかし、これでは今後もまた同じような失敗が繰り返され、損失を積み上げることになるのではないかと疑われても仕方がありません。一般企業への出資であればさっさと出資を引き上げるところです。ところが税金による出資は引き上げることがなかなか難しい。

 天下り規制法案が審議されています。天下りは談合の温床となり、談合は税金を食い物にする悪質な犯罪です。犯罪を誘発しやすいから何らかの規制は必要だというのはもっともなことと思うのですが、当事者である官僚にすれば自分の食いぶちである職を確保しやすくしようとしているわけですから、彼らが抵抗することも分からないではありません。

 今回の減資による損失穴埋めは、犯罪につながるようなことではありません。一生懸命やっても失敗することはありますし、その場合は反省と改善策を示せば減資することは許されます。一生懸命やった結果の失敗なら、減給や降格はあってもよほどのことがない限り職を失うまではいかないことが多いはずです。それにもかかわらず反省も改善策も示さないままでは、よほど何か裏に隠されているのかと疑ってしまいます。

 出資者から信頼されない事業は、どんなことをやってもうまくいくことはありません。そんなことは当の独立行政法人の方々がよくわかっているはずではないかと思うのですが、それとも裏で何かやっているような人が、官庁からこういうところに天下っているので人の金を平気で食い物にできるのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.04.23

保険をかけても当たらない

 日曜日、近所にいるのですがなかなか顔を出さない下の妹がやってきました。保険のことを聞きたいということです。もう十数年前に、付き合いもあって妹の名前で入っておいたがん保険です。単なる付き合いだったので、解約しても良かったのですが、妹がまだ二十歳そこそこの頃に入ったもので保険料も安かったのでそのままにしてありました。そういう保険に入っていることは、妹には話してあったのですが、当の妹はといえば、まったくと言って良いほど関心を示しませんでした。それでも三十歳台も半ばを迎えて、そろそろ保険のことも考えるようになったみたいでした。

 話を聞きますと、保険会社から増額の勧誘のチラシが来て、たまたま見て本人もちゃんと考えようという気になったということで、増額した方が良いかどうかの相談でした。何はともあれ、将来設計を考えるようになったことはいいことだと思って話を聞きました。でも無理して増額することもないんじゃないと、あっさりとかわしておきました。それよりも「名義変更をしないとまずいんじゃないか」とここ数年来何とかしないとなと思っていたことを切り出しました。将来のことに無頓着だった妹も数年前に結婚はしたのですが、結婚後も保険の名義は旧姓のまま放ってありました。住所は本人ではなくても変更できたので私がやっておきましたが、名前は本人がいろいろ公的書類を取り寄せて届けを出さないといけませんから、本人の関心がない以上手続きもできないままでした。ようやく妹もちゃんとしておかなくてはという気になったようで、増額よりもまず名義変更しなくてはいけないことを自覚したようでした。

 妹と話した後、新しくなった競馬場へ行きました。春のGⅠウィークの谷間の週でしたが、東京での開幕週でしたので、市議会議員選挙の投票がてら行って来ました。競馬場もどんどん豪華になります。でも新しいスタンドの自分が踏んでいる足の分くらいは、私のカネでできているに違いありません。ここ数週間は本当に当たらなくなってしまいました。そんなに穴党でもなく、堅そうな馬で保険をかけながら馬券を買っているのですが当たりません。保険会社の不払いのように、保険をかけた馬券も不払いをされているかのようです。不払いをするような保険会社なら、保険など入らないに限ります。だから妹にも増額は勧めなかったのですが、私に馬券は買わないという選択はないようで、やっぱり何かあったときのために、と買ってしまいます。

 来週からはまたGⅠが続きます。不払いはもう止めてくれと、新しいスタンドを振り返ってその大きさに呆れながら、気を取り直して飲みに行きました。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2007.04.21

北朝鮮のいう凍結資金の解除

「まだ凍結資金が完全に解決されていないため、われわれが行動できないのが問題だ」

北朝鮮の李済善(リ・ジェソン)原子力総局長が、国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長に送ったとされる書簡で述べています。

[ワシントン 19日 ロイター] 北朝鮮は、最近凍結が解除されたマカオのバンコ・デルタ・アジア(BDA)口座にあった資金をまだ引き出しておらず、国際金融システムへのアクセスを確保するため、他の信頼できる銀行へ移管したいもよう。米当局の関係者らが明らかにした。
 しかし送金先の銀行は米国による制裁の対象となる恐れがあるため、問題解決が難航しているという。

ロイターの記事では、「米国による制裁の対象となる恐れがあるため」とありますが、「マネーロンダリングに利用される恐れがあるため」というのが正しいのだろうと思います。北の言う凍結資金の完全解除とは、麻薬や偽たばこ、偽札によるブラックマネーを国際的に流通させられる状態のことを言っているようです。核の拡散も重大な問題ですが、ブラックマネーの拡散も国際金融市場を混乱させかねない重大な問題です。

アメリカもそこまでは譲歩しないでしょうし、そのことを中国もロシアも非難はできないだろうと思います。このあたりで6ヵ国協議の参加国が協調して初期段階措置の履行を迫り、北朝鮮が応じなければ協調して制裁を発動するという方向に動いてくれれば、望ましいと思うのですがどうなることか。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2007.04.18

飲んだ翌朝

 昨夜は結構飲んだようでした。途中から記憶がありません。どうやって帰ってきたか、覚えていません。それでも上着はポケットの中味を全部出してハンガーにかけてあります。多分気持ちよく酔えたから、気持ちよく帰ってきて寝たのだろうと思います。念のために財布を確認してみると、ちょうど昨日の居酒屋の飲み代とタクシー代分ぐらいが減っています。

どこかで迷惑を掛けたような形跡もないので安心しましたが、こんな調子ですから昨夜の長崎市長銃撃事件は今朝のニュースで知りました。犯人の逆恨みとも言える犯行のようですが、選挙期間中に候補者でもある現職市長を襲うなどとんでもないことです。もっとも選挙運動中だからこそ狙ったという指摘もあるようです。

選挙期間中は、応援に訪れる政党幹部ら警護対象者をのぞき、基本的には自治体の首長であっても警察の警備はつかない。候補者それぞれの自由な選挙活動が保証される半面、有権者と商店街などで握手をして支持を訴える「モモタロー作戦」などは、悪意を持った者も容易に近づくことができる。

いわば無防備になる機会を狙ったとも考えられます。思想的背景はなかったとしても、まさに民主主義の否定です。伊藤市長のご冥福を祈りたいと思います。

 朝はたいてい日本テレビのズームイン!!SUPERを見ているのですが、今日の辛坊治郎さんの8時前のコラムは良かった。昨日だったかと思いますが、朝日新聞が1面トップで『国民投票法案、79%が最低投票率は必要 朝日新聞調査』という記事を載せていました。

13日に衆院を通過し、参院で審議が始まった国民投票法案には、改正のために必要な最低投票率などの規定は盛り込まれず、有効投票の過半数の賛成があれば、投票率の高低にかかわりなく、憲法改正が成立する。質問では、こうした説明をした後、投票率が一定の水準を上回る必要があるかどうかを聞いたところ、「必要」が多数を占め、自民、公明支持層でもほぼ8割。民主支持層では9割近かった。

先週の社説で、「国民投票法案―廃案にして出直せ」と書いている朝日新聞ですから、昨日の記事で何を言いたいのかはわかります。今日の辛坊氏の8時前のコラムでは、具体的な数字も使って少数の反対派が棄権派を取り込むことによって、賛成意見が通らない可能性があることをわかりやすく伝えていました。そしてそもそも投票に行かない人のために国民投票自体を無効にすることがいいのかどうか、投票は権利であるが義務でもあると言ってそのコーナーを締めくくっていました。

棄権も有権者の意思表示の1種かもしれませんが、棄権はあくまで棄権であって賛成でも反対でもありません。投票率に縛りを入れることは、賛成でも反対でもない人たちを反対に入れてしまうことで、国民の正しい意思を示す結果とはなりません。反対派の運動が投票を棄権させる運動にもつながりかねず、民主主義を否定する結果になりかねません。もちろん、投票率の低い国民投票も決していいとはいえません。でもだからこそマスコミは投票率を上げるべく呼びかけることが必要です。

国民投票の投票率が一定の水準を上回る必要があると主張することも、それを報道することもまったく構いませんが、これを1面トップにもってくる朝日新聞のセンスにはあきれます。辛坊氏の短時間のコーナーでいろいろ考えさせられた朝でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.04.17

粋なけじめを

 今月、正蔵師匠の高座を楽しませてもらったばかりだというのに、申告漏れなんてことが明らかになって残念です。(祝儀無申告の林家正蔵氏「芸人は大まか、今後きちんと」 YOMIURI ONLINE) 芸人は大まかでいいというのはその通りだと思います。高座で節税方法のレクチャーなどされても興ざめですし、逆に税金はきちんと払いましょうなんて言われても説教臭くなってよくありません。

けれども、大まかであって良いというしきたりは、宵越しの銭は持たないような大まかさであって、金を貯め込むようなことではないのではないでしょうか。江戸っ子の落語家なのですから。もちろん、正蔵師匠の元に集まるご祝儀は宵越しの銭は持たないなんて言ってパッと使い切れる金額ではないのでしょうが、それでももらったものはきれいに使う工夫がなくては野暮といわれても仕方がありません。うっかり申告を忘れるほどのご祝儀であれば、それは自身の身に余るものであり、丁重にお返しするか、有効に活用してくれる人に使ってもらうのが本当ではないのでしょうか。

 できることなら、追徴金を支払ったうえで未申告分は自分には過分なものだったと言って、落語協会に寄付して後進のために使ってもらうとか、どこかの福祉施設に寄付するなんてことをしたらカッコいい。さらにその金の工面のために借金をして、それを返すために全国各地を回って高座に上がるなんてことになれば、それはそれで粋だなぁと思います。

今回のこともいい勉強だと思って、さらに芸を磨いて欲しいと思いますが、正蔵を継いだ以上、自分の不始末のけじめのつけ方も見られていることを忘れないで欲しいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2007.04.12

午前中に

 散歩から帰ると、松坂とイチローの対戦をやっていました。松坂に分がありそうで、それはそれでよかったと思う一方で、松坂のレッドソックスは3点取られて負けています。こんなことなら松坂はイチローには打たれもいいから他の打者を抑えて勝ってほしいと思ってしまいます。いやしかし、マリナーズのキャッチャーは城島だからマリナーズが負けると城島のリードが悪いということになるのもよろしくないなどと、勝手なことを考えているとテレビは温家宝首相の国会演説になりました。

 この人を見ていると、思慮深そうで温かい顔をしている人だと思います。外見には好感を持てますが、歴史認識ではしつこいくらい時間をかけていたように感じました。そのあとのNHKの解説では、靖国に触れなかったのは中国側の配慮だといいますがそんなものか。

 そのあと再び大リーグ中継に戻ったときには試合は終わっていました。松坂は負け投手になっています。残念ですがこれからを期待したいと思います。松井との対戦は少し先に延びましたが、楽しみは後に取っておく様な気になります。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2007.04.11

アメリカは譲歩したのでしょうか

 北朝鮮口座の凍結全面解除をマカオ当局が発表して、米が全面譲歩したと報じられています。でも譲歩したのは先月の金融制裁解除を決めたときで、確かに最初は一部解除だったのが全部解除になりましたが、中国銀行へ移管できずに困っていたのがマカオのバンコ・デルタ・アジアが直接資金の引き出しを認めるということに変わっただけではないのかという気がします。

北朝鮮口座の凍結、マカオ当局解除 米が全面譲歩 asahi.com
2007年04月11日00時03分
米財務省は10日、マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮関連資金をマカオ当局が全額凍結解除する、と発表した。米政府は解除を支持するとしている。当初予定していた中国銀行への送金は行わず、BDAの口座凍結を直接解除する。資金の全額返還を強く求めてきた北朝鮮側に全面的に譲歩した形だ。

 米が全面譲歩したと伝えていますが、先月15日の記事では、米財務省が発表したマカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア(BDA)」に対する最終的な調査結を伝え、この中で凍結解除の規模こそハッキリしていませんが米は解除を認めたと報じています。

マカオ当局の判断焦点に 北朝鮮口座一部凍結解除へ asahi.com
2007年03月15日12時20分
BDAを「資金洗浄の疑いが強い」金融機関と確定する内容だが、今後の措置は「マカオ当局が決める」(グレーザー米財務次官補代理)としており、実質的には約1年半にわたってとってきた口座凍結の解除を認めた形だ。
解除規模は800万~1200万ドルと報道されているが、マカオ当局が独自に全面解除に踏み切る可能性も指摘されている。

全額解除もありうるけれど、一部解除がいいところではないかというニュアンスです。ここからきょう報じられた全額解除にいきなりくれば、米の全面譲歩なのでしょうが、先月の時点で中国銀行の北朝鮮口座へ資金を全額移管する合意ができていました。

(3/19)北朝鮮資金、全額解除で米朝合意・凍結口座 NIKKEI NET
【北京=加藤秀央】中国を訪問中のグレーザー米財務副次官補は19日午前、北京市内で「BDAで凍結されている北朝鮮資金を解除することで米国と北朝鮮政府が共通の理解を得た」と発表した。
凍結資金約2500万ドルは、北京の中国銀行で北朝鮮の朝鮮貿易銀行が持つ口座に移管する。中国銀行は大手国有商業銀行で、実態としては中国政府が北朝鮮資金を管理することになる。北朝鮮は全額を北朝鮮内で人道・教育目的に使用する約束をし、米政府がこれを受け入れた。

しかし、中国銀行がこの資金の受け入れを拒んで交渉が頓挫していました。もともと全額返す予定の資金を予定通り返すだけですから、ここへきて米の全面譲歩というのは当たらないように思います。ただ、現金で引き出すことができるわけですから、引き出した後の資金使途の確認は困難となり、「北朝鮮内で人道・教育目的に使用する」かどうかは怪しいことは確かです。

マカオの北朝鮮口座、凍結解除 名義人に直接返還  Sankei Web
マコーマック報道官は北朝鮮が凍結解除された資金の使途について、米朝合意通り教育、人道目的に活用することを求めた。ただ、北京の中国銀行にある北朝鮮の朝鮮貿易銀行名義の口座に一括して送金するのではなく、口座保有者がそれぞれ預金引き出しをできるようにすることになったことで、使途の監視がさらに困難になった。マコーマック報道官も「資金の流れの把握には課題がある。私が知る限りでは、監視のための具体的なメカニズムはない」と認めた。

しかし、この点についても先月の時点でマコーマック報道官は検証は困難だという懸念を示しており、今回新たに譲歩したわけでもありません。

(3/19)北朝鮮凍結解除資金「監視は困難」・米国務省報道官 NIKKEI NET
【ワシントン=丸谷浩史】米国務省のマコーマック報道官は19日、北朝鮮に科した「金融制裁」で、マカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア(BDA)」が凍結していた2500万ドル(約29億円)の北朝鮮関連口座の解除について「北朝鮮社会の実情からみて、活動を監視するのは非常に難しい」と述べた。解除された資金は北朝鮮が人道・教育目的だけに使うことになっているが、検証は困難との見方も出ており、米政府として懸念を示した形だ。

 これまでの報道を見る限り、バンコ・デルタ・アジア(BDA)との取引禁止措置を解除したということはなさそうですから、再び北朝鮮によるマネーロンダリングがやり放題になる懸念は少ないだろうと思います。できるのはせいぜい現金で決済できる金額の範囲内のロンダリングでしょう。それだけにこれで交渉が前進するかどうかは不透明ですが、これで北朝鮮が核放棄の初期段階だけでも履行すれば、米の譲歩というよりもむしろラッキーなのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.04.09

初鰹じゃないけど

070409_1

「目に青葉」といった感じで河原の緑がひときわ映えて見えました。

都知事選も、他の各地の選挙も大きな波乱はなく過ぎたようです。福岡の麻生知事の4選目と東京の石原知事の3選目を除けば、他の現職は2選目なので、多選批判ということもなく、そう波乱はなかったのかもしれません。

選挙の前日、土曜日に落語を聞きに行って来ました。林家正蔵です。昨年襲名して初めてこの人の落語を聞いたのですが、テレビで見るより面白いと思いました。古典落語は上手いとは聞いていましたが、確かにそう思います。昨年は「ねずみ」(サイトを開くと、最初に音が鳴り出すので要注意です。)をやっていましたが聞かせてくれるなと思いました。

今年は新作で、桂三枝の創作した話しと米朝師匠から直接習ったという話しの2席を聞いてきました。まあまあ面白かったのですが、昨年の「ねずみ」と比べるといまひとつかなといった感じでした。新鮮さはあったのですが、こなれていない感じで、古典の「ねずみ」ほどまだ話を自分のものでしていないのかもしれません。次回に期待したいところです。

マグロの刺身用の切り身で500円というのを買ってきました。普通にスーパーなんかで売っている白いトレーのパックに入ったヤツで500円です。安いと思って買ってしまいました。冒頭にあるように、河原を歩いていて「目に青葉」なんて思ったので、カツオがいいかなと思ったのですが、500円マグロが私を捉えて放しませんでした。初物に飛びついてあまりいい思いもしたことがありませんし、安いだけに味は期待していませんが、今から晩酌が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.04.02

新年度だというのに

 花粉症と疲労のせいでしょうか、先週末から体がだるく頭がボーっとして、体も頭も働かなくなっていました。そんなことで週末はほとんど寝てすごしていたのですが、今度は寝すぎたのがいけなかったのか、背中が痛くなってしまいました。鈍痛というのでしょうか、風邪をひいて体の節々が痛いというような痛みが背中に来ています。こんな痛みですから椅子に座っている分にはまだいいのですが、体を横にして寝ようとすると痛くて寝ていられません。夜に寝ようと思っても、せいぜいソファに腰掛けてうつらうつらするくらいで、夕べもあまり寝られず、今度は睡眠不足でやはり体のだるさは変わりません。

 新年度だというのにまだ先月末からやり残した仕事が片付かず、非常に気持ち悪い状態です。もっとも新年度だからスッキリしていなければならないという仕事でもなく、まだ自分が気持ち悪いだけで、誰かに迷惑がかかるとか自分に不利益になるとかいう事はないので、そんなに慌てる必要はないのだと自分に言い聞かせています。

 それよりも背中の痛みが取れなければ、今晩はどうやって寝ようか。そちらの方が差し当たっては重大な問題かもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »