« 初鰹じゃないけど | Main | 午前中に »

2007.04.11

アメリカは譲歩したのでしょうか

 北朝鮮口座の凍結全面解除をマカオ当局が発表して、米が全面譲歩したと報じられています。でも譲歩したのは先月の金融制裁解除を決めたときで、確かに最初は一部解除だったのが全部解除になりましたが、中国銀行へ移管できずに困っていたのがマカオのバンコ・デルタ・アジアが直接資金の引き出しを認めるということに変わっただけではないのかという気がします。

北朝鮮口座の凍結、マカオ当局解除 米が全面譲歩 asahi.com
2007年04月11日00時03分
米財務省は10日、マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮関連資金をマカオ当局が全額凍結解除する、と発表した。米政府は解除を支持するとしている。当初予定していた中国銀行への送金は行わず、BDAの口座凍結を直接解除する。資金の全額返還を強く求めてきた北朝鮮側に全面的に譲歩した形だ。

 米が全面譲歩したと伝えていますが、先月15日の記事では、米財務省が発表したマカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア(BDA)」に対する最終的な調査結を伝え、この中で凍結解除の規模こそハッキリしていませんが米は解除を認めたと報じています。

マカオ当局の判断焦点に 北朝鮮口座一部凍結解除へ asahi.com
2007年03月15日12時20分
BDAを「資金洗浄の疑いが強い」金融機関と確定する内容だが、今後の措置は「マカオ当局が決める」(グレーザー米財務次官補代理)としており、実質的には約1年半にわたってとってきた口座凍結の解除を認めた形だ。
解除規模は800万~1200万ドルと報道されているが、マカオ当局が独自に全面解除に踏み切る可能性も指摘されている。

全額解除もありうるけれど、一部解除がいいところではないかというニュアンスです。ここからきょう報じられた全額解除にいきなりくれば、米の全面譲歩なのでしょうが、先月の時点で中国銀行の北朝鮮口座へ資金を全額移管する合意ができていました。

(3/19)北朝鮮資金、全額解除で米朝合意・凍結口座 NIKKEI NET
【北京=加藤秀央】中国を訪問中のグレーザー米財務副次官補は19日午前、北京市内で「BDAで凍結されている北朝鮮資金を解除することで米国と北朝鮮政府が共通の理解を得た」と発表した。
凍結資金約2500万ドルは、北京の中国銀行で北朝鮮の朝鮮貿易銀行が持つ口座に移管する。中国銀行は大手国有商業銀行で、実態としては中国政府が北朝鮮資金を管理することになる。北朝鮮は全額を北朝鮮内で人道・教育目的に使用する約束をし、米政府がこれを受け入れた。

しかし、中国銀行がこの資金の受け入れを拒んで交渉が頓挫していました。もともと全額返す予定の資金を予定通り返すだけですから、ここへきて米の全面譲歩というのは当たらないように思います。ただ、現金で引き出すことができるわけですから、引き出した後の資金使途の確認は困難となり、「北朝鮮内で人道・教育目的に使用する」かどうかは怪しいことは確かです。

マカオの北朝鮮口座、凍結解除 名義人に直接返還  Sankei Web
マコーマック報道官は北朝鮮が凍結解除された資金の使途について、米朝合意通り教育、人道目的に活用することを求めた。ただ、北京の中国銀行にある北朝鮮の朝鮮貿易銀行名義の口座に一括して送金するのではなく、口座保有者がそれぞれ預金引き出しをできるようにすることになったことで、使途の監視がさらに困難になった。マコーマック報道官も「資金の流れの把握には課題がある。私が知る限りでは、監視のための具体的なメカニズムはない」と認めた。

しかし、この点についても先月の時点でマコーマック報道官は検証は困難だという懸念を示しており、今回新たに譲歩したわけでもありません。

(3/19)北朝鮮凍結解除資金「監視は困難」・米国務省報道官 NIKKEI NET
【ワシントン=丸谷浩史】米国務省のマコーマック報道官は19日、北朝鮮に科した「金融制裁」で、マカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア(BDA)」が凍結していた2500万ドル(約29億円)の北朝鮮関連口座の解除について「北朝鮮社会の実情からみて、活動を監視するのは非常に難しい」と述べた。解除された資金は北朝鮮が人道・教育目的だけに使うことになっているが、検証は困難との見方も出ており、米政府として懸念を示した形だ。

 これまでの報道を見る限り、バンコ・デルタ・アジア(BDA)との取引禁止措置を解除したということはなさそうですから、再び北朝鮮によるマネーロンダリングがやり放題になる懸念は少ないだろうと思います。できるのはせいぜい現金で決済できる金額の範囲内のロンダリングでしょう。それだけにこれで交渉が前進するかどうかは不透明ですが、これで北朝鮮が核放棄の初期段階だけでも履行すれば、米の譲歩というよりもむしろラッキーなのかもしれません。

|

« 初鰹じゃないけど | Main | 午前中に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/14642602

Listed below are links to weblogs that reference アメリカは譲歩したのでしょうか:

« 初鰹じゃないけど | Main | 午前中に »