« ふるさと納税制度 | Main | トンボ »

2007.05.30

たまには教育について

 教育に関することといえば、教育再生会議の迷走ぶりが思い出されますが、規制改革会議というところでも、大学への補助金について提言を出しています。

政府の規制改革会議(議長・草刈隆郎日本郵船会長)が大学向け補助金を学生数に応じて配分するよう求める提言を近く打ち出す
多くの学生を引き付ける魅力ある大学への重点配分が必要

 大学の質向上の努力を促すためということで、学生数というモノサシは一見わかりやすそうではあります。でも、そもそもより多くの学生を集める大学の質はいいものなのでしょうか。学生は質のいい大学を見極めて入学しているのなら、この提言も納得できますが、学生、しかも高校を卒業したばかりの10代の若者が的確に判断しているという保障は、まずないといっていいでしょう。

 実際に5月11日に出された提言によりますと、もう少し丁寧な説明があります。補助金の目的を教育と研究に峻別して、教育目的の補助金については、多様な民間機関の評価をもとに集まった学生数で配分することが望ましいということです。さすがに学生が専門的な研究成果を判断しているとは思えませんから、教育に関する補助金に限って、さらに様々な民間の評価をもとに学生に判断してもらうということです。

 大学の教育に関する補助金とはいえ、学生の人数で差をつけるという考え方は、「教育バウチャー制度」を思い出します。この制度案を初めて聞いたとき、面白そうだなと思ったのですが、規制改革会議のこの提言を知るまで、バウチャー制度に賛成か反対か自分の考えを決めかねていました。でも今は反対に固まってきました。

 学校教育にも競争は必要だと思います。そして教育バウチャー制度は学生数による補助金と同様に、多くの生徒を集めた学校が多くの収入を得られるというルールです。中学や高校なら、その学校の質がいいかどうか、親がある程度見極めることは可能だろうと思います。でも、これは私の個人的な見方ではありますが、自分で受けたい(受けたかった)教育は学校のレベルも教員の質もいいことに越したことはありませんが、さらに少人数制で生徒一人当たりの内容の濃い教育がいいと思っています。これは大学でも同様で、マンモス大学よりはこじんまりとしたアットホームな大学のほうが、少なくとも私の好みではありますし、仮に全体の学生数が多くても専門科目については、少人数のゼミが充実しているほうがいいと思います。

 この辺は難しいところで、まったく人気のない大学や学校でも、実はいい教育が行われているというようなところを見つけられればいいのですが、なかなかそうもできず、やはり安かろう(人気が低かろう)悪かろうというところが目についてしまうのも事実です。そうすると人気はあるけれど質を落とさないがゆえに、少人数を貫いているところがいいということになります。結局一部の偏差値の高い難関校の中から探すのがいいということになってしまいます。中学・高校、大学も含めて、今の難関校が本当に質がいいのかどうか、規制改革会議の提言にもあるように、多様な評価を参考にすることは必要です。しかしそれで集まった生徒や学生の人数で評価しては、むしろ質を落とす制度設計になりはしないかどうか、それが心配です。

大量生産型の教育も否定はしませんが、私は自分の子供がいれば(実際にはいませんが)、かけられる費用の問題もありますが、できる限り個性という素材の良さを生かした、手作りの高級品を作るような、そんな教育を受けさせたいと思います。

|

« ふるさと納税制度 | Main | トンボ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/15255779

Listed below are links to weblogs that reference たまには教育について:

« ふるさと納税制度 | Main | トンボ »