« もっと利用されてもいいのではないでしょうか | Main | たまには教育について »

2007.05.22

ふるさと納税制度

 以前賛成の方向で取り上げたことがあったのですが(5/10ふるさとへの想いを)、いろいろ反対意見もあるようです。どんなことでも、新しいことするに当たって、できない理由を上げればきりがないのですが、反対論の中で筋が通っていると思えるのが、「受益者負担の原則に反する」というものです。住民や企業が、自治体から行政サービスを受ける対価として税金を負担することが、受益者負担の原則ですから、現に行政サービスを受けるわけではないふるさとの自治体に税金を納めることは、この原則に反するということです。

 しかし、これには地方の側からの再度の反論があり、地方で生まれ育った人材が、納税する年齢になると都市部に移り住むという現状を指摘しています。何をもって公平な負担と看做すかということですが、なかなか難しいところです。ただ、私はふるさと納税に賛成ですが、地方で生まれ育った人材が納税する年齢になると都市部に移ってしまうという意見はちょっと無理があるだろうと思います。なぜなら、生まれ育てられているときには、親が地方税を負担しているはずです。親は子供を育てるのに必要な行政サービスの対価として税金を払っているはずですから、育った子供が成人してからまだ払えというのは二重に請求するような気がします。

 ですから、受益者負担の原則に反すると言われると、それはそれで筋が通っているなと思うのですが、私なりの反論もあります。それは、地方交付税交付金の存在です。国が自治体に代わって集めた税金を、格差調整のために配分しているわけですが、受益者負担をキッチリ守ろうとするなら、これほど不透明な存在はありません。税収が不足する自治体に交付される資金は、受益者負担の原則に照らしてどうなのでしょうか。かといって税収の足りない地域を放って置くわけにも行きません。そしてこの制度によって、地方の中央への依存体質が助長されるという弊害はすでに周知のこととなっています。これを何とかしなくてはならないということで、三位一体の改革が進められたことを思い出します。

 受益者負担とはいっても、最終的には国が調整するという作業は必要だと思います。これはふるさと納税制度ができてもそうだと思います。それでも、国の関与を減らす努力はあっていいと思います。そのひとつがふるさと納税制度だと私は考えます。ふるさとなどといいますが、特にふるさとがないとか生まれ故郷に払いたくないという人は、今住んでいるところに払えばいいと思います。といっても支払う住民税の1割ですが。そしてまったく関係のないところでも、例えば、夕張が大変そうだから助けたいということで夕張に納めることがあってもいいでしょうし、米軍基地を負担してくれている沖縄にわずかでも納税したいということでもいいと思います。実はあまり「ふるさと」にこだわる必要はないと思っています。

 ふるさとにこだわりすぎると、外国から来て日本で働いている人は、税金の一部を出身の国へ納めることを認めろということになりかねません。これも一種のODAと思えなくもないかもしれませんが、私は在日韓国・朝鮮の人たちからそうした要求が出てくることを危惧します。現在、税金を払うような在日の人たちは、年齢的に日本で生まれ育っているはずです。ですから、ふるさと納税の主旨のふるさとに、韓国や北朝鮮が入るはずはありません。しかし、朝鮮総連は各地で納税免除がなされなくなっていますから、どんな屁理屈を言ってくるかわかりません。あくまで日本国内の税制であることは確認しておく必要があります。

 ふるさと納税があっても、地方交付税交付金は必要でしょう。でも今よりは少なくすることは可能かもしれません。少しでも地方の中央への依存体質を改められることならば、それならやってみる価値はあるはずです。納税手続きが煩雑になることは確かですが、技術及びコストの面から不可能ではないなら、具体的に議論されていいと思います。

|

« もっと利用されてもいいのではないでしょうか | Main | たまには教育について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/15163489

Listed below are links to weblogs that reference ふるさと納税制度:

« もっと利用されてもいいのではないでしょうか | Main | たまには教育について »