« 批判のための批判 | Main | 芸術家たち »

2007.06.29

強くなりたかった少年

彼は僕のために学校を辞める羽目になった。

僕をいじめていたのは彼だということになった。

でも違う。彼ではない。僕をいじめていたのは彼ではなかった。

そんなこと、言えやしなかった。言ったらどんなことになっていたか。

彼は最後に僕に向かってこういった。「強くなろうぜ」

彼が学校を去ってからも、殴られたり金をとられることに変わりはなかった。

これではたまらない。

ある日学校を去った彼に会った。彼はチンピラ仲間とつるんでいた。彼らと組むことにした。

いじめの連中を呼び出し、彼が言った。「なんで俺が追い出されなきゃならなかったんだ。」

いじめ連中は僕を指差して、「あいつがそう言ったから」と言った。

「そう仕向けたのはどこのどいつだ。」チンピラ仲間がいじめ連中を殴り倒した。

それから立場は逆転した。いじめ連中と学校の隅で会うことに変りはなかったが、殴られたり金を取られることはなかった。

逆にやつらから金を取った。取った金は全部チンピラに渡したけれど、殴られなくなっただけましだった。

そんなことがいじめ連中が卒業するまで続いた。

いじめ連中が卒業した後、金を巻き上げる相手がいなくなり、チンピラ仲間の機嫌が悪くなった。

彼は機嫌が悪くなって当り散らすチンピラ仲間を刺した。

少年院に入った彼を訪ねたとき、彼は僕に言った。

「本当に強くならなくちゃね。」

|

« 批判のための批判 | Main | 芸術家たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/15593807

Listed below are links to weblogs that reference 強くなりたかった少年:

« 批判のための批判 | Main | 芸術家たち »