« 普段の行い(中編) | Main | 子供の成長 »

2007.07.20

普段の行い(後編)

 最終日。今日は帰るだけです。旅行前、幹事役の‘唯一の三十代’が酒蔵でも見学して帰ろうか、という提案をしたのですが、せっかく温泉でのんびりしたのに疲れて帰りが遅くなるのは嫌だ、というオヤジらしいところで意見が一致して、もう帰るだけです。

 月岡温泉からバスに乗り、豊栄駅まで20~30分。ここから白新線で新潟まで20分ほど。そこからわれわれは新幹線で東京へ、‘仙台の呑み助’は高速バスで仙台へと帰る予定です。豊栄駅を出たのは10時12分。一駅目の早通に着くと、女性の車掌さんが車内アナウンスで「ただいま地震がありました。しばらく発車を見合わせ、当駅で停車します。」と言います。便利な世の中になったもので、‘唯一の三十代’がワンセグ携帯でテレビのニュースを見ています。

 「新潟県内で震度6だって」‘唯一の三十代’がそう言ったときには、周りの乗客も携帯を見ながら地震の情報に驚いていました。10時13分、新潟県と長野県に震度6強の地震。電車に乗っていましたので地震の揺れは感じませんでしたが、情報が伝わるに連れて驚きは増していきました。それからもう少しすると、ワンセグの画面には潰れた建物の映像なども映し出されるようになりました。とりあえず急いで新潟駅まで行っても、どうせ新幹線は動いていないだろうからと、そう慌てることはなかったのですが、自宅へはまず無事であることはメールしておきました。

 ただ、‘仙台の呑み助’は新潟からバスですから、動いている可能性もあるので急いだほうがいいだろうと、早通からタクシーで新潟へ向かいました。白新線が新潟に着いたのは、もう昼を過ぎて午後1時頃でした。その間、‘仙台の呑み助’は無事に新潟に着いて、仙台行きのバスに乗ったというメールがありましたから、彼はそれほど地震の影響は受けなかったようです。

 仙台に着くと、みどりの窓口には切符を払い戻す人々で行列ができています。新幹線の改札には、点検のため新幹線はストップで、復旧まで9時間くらいはかかる見込みと書かれてありました。ただ、越後湯沢からはそれよりの早く折り返し運転を始めるとも。しかし越後湯沢までの電車もみんな止まっています。どうしようかと思案に暮れました。

 ‘唯一の三十代’は仕事でしばしば新潟に来ることがあり、彼はよくレンタカーを使います。その彼が言うには、県内ならレンタカーの乗り捨ても可能なはずだから、ここでレンタカーを借りて越後湯沢まで行こうと提案。早速レンタカーを借りて越後湯沢へ向かいます。その間に、カーラジオからは越後湯沢から新幹線の運転を始めたという情報が入ります。途中で昼飯を済ませながら、3時過ぎに越後湯沢に到着することができました。

 次の新幹線は3時半頃出発の予定ということで、早速乗り込みます。幸いにして座席も確保できました。あとは無事に東京に着くのを待つばかりと思いきや、3時半を過ぎてもなかなか出発しません。こういう事態ですから、数分の遅れに目くじらを立てても仕方がありません。そのうち、急に車内の電気が消えます。どうしたのかと思うと、なにやら新幹線が揺れだしました。珍しい発車の仕方と思ったのもつかの間、余震であることに気がつきました。それもかなりの大きさです。ワンセグ携帯の情報では、3時37分の震度6弱の余震だそうです。

 これでまた発車が遅れます。このとき再び思い出しました。普段の行いの悪さは、台風でも馬券でもなく、ここに表れたのかと。越後湯沢の新幹線の中で足止めを喰らっては、もうどうしようもありません。近くにスキー客用の宿泊施設はあるとはいえ、できれば今日中には帰りつきたい。溜まった仕事もあるので、帰りが延びたりすると正直言って困ります。他の人はどう思ったかは知りませんが、このときは日頃の自分を反省しました。これからは締切に余裕を持って仕事をしようと・・・

 その甲斐あってか、幸いにして新幹線は30分後には動き出しました。その後はスムースに帰り着きました。すると現金なもので、あのときの反省を忘れたわけではないのですが、いまは溜まった仕事を片付けるのに苦労しています。余裕を持って仕事をしたいとは思っているのですが、なかなか思い通りにならない。これが人生というものでしょう。台風は辛うじて避け、万馬券を取り逃がし、地震で足留め寸前で帰ってくるという綱渡りが、私の生き方といえばそうなのかもしれません。

|

« 普段の行い(中編) | Main | 子供の成長 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/15826404

Listed below are links to weblogs that reference 普段の行い(後編):

» 月岡温泉 [月岡温泉]
月岡温泉 [Read More]

Tracked on 2007.07.22 at 05:39

« 普段の行い(中編) | Main | 子供の成長 »