« July 2007 | Main | September 2007 »

2007.08.31

バラマキを越えて

 先日、民主党のバラマキといわれる農政基本法案が明らかになりました。農家一軒ずつ補助金を配るわけですから、バラマキであることは確かですが、バラマキというよりも仕組み自体におかしな点があるなと感じました。

Image1_2  農家に補助金を渡して休耕地をなくし、食糧自給率を上げようという趣旨は理解できるのですが、この補助金は所得補償といいながら、何の所得にもなっていない点がおかしいと思います。

左の図は日経新聞のコピーですが、補償するのは市場価格を生産費の差額です。言い換えれば補助金をもらっても生産費、すなわち経費を賄うだけで何ら儲けはなく、この補助金をもらって農作物を作っても所得にならないということになります。

狙いは自給率アップですから、農家が補助金をもらって儲ける必要はないというつもりかもしれません。しかし、それでは日本の食糧自給率アップのために農家はタダ働きをせよということであって、格差是正どころか働いても働いても所得は増えず、ますます格差を広げることになりかねません。

 それでも下手に作物を作れば赤字になるために休耕地を放置していた農家は、せめて持ち出しにならないならと、タダ働きをするかもしれません。その結果、国内で作る農作物が出回れば自給率は上がります。しかしそれは農家が赤字よりはいいと言ってタダ働きをしてくれたためであって、それで食糧自給率が永続的に上がっていくとは到底思えません。

 それなら自民党のいう農家の規模拡大をして、その上で補助金を使ったほうが効果的だろうと考えられます。農地を貸し出すことで農業に従事する農家一戸あたりの農地を拡大すれば、生産費が安くなることが可能です。その上で補助金を出せば、これで農家は儲けを出すことが可能になります。
Image2
補助金で農家を儲けさせることはどうかという議論もありますが、ここではそこには触れません。なぜなら、この儲けは農業に従事する農家だけのものではなく、農地を貸し出した農家へも地代として還元されるもので、結果的にすべての農家にとっておいしい話になりうることだからです。

民主党の法案では農家へ補助金を出しても、儲けである所得にはならず、戸別所得補償とは名ばかりものでした。しかし、大規模化を図った上で補助金を出せば、農業に従事する人は生産費を抑えることで収益を生み、農地を貸し出した農家は生産費さえも掛けずに地代として所得を手にすることができます。どちらが効率的かは一目瞭然です。

 戦後の自作農主義から、農家の中には農地を貸し出すことに抵抗があるかもしれません。しかし、戦前の地主がそうであったように、一定の生産性が確保されるなら農作業は他人にやらせたほうが実入りはいいはずです。

Image3 それは市場価格が下がったときのことを考えればわかります。生産費が変わらずに市場価格が下がれば、儲けは減少します。農業従事者の所得は減りますが、農地を貸している農家の地代は、一般に長期契約をすることが多いでしょうから、毎年の市場価格にかかわらず一定のはずです。市場価格に振り回されずに農家の所得は安定します。そして補助金はそれを担保するためと考えれば、農家の儲けのための補助金も、格差是正の一環という位置づけになります。

それでも補助金の類いはいずれなくす方向で考えなければなりませんが、地方の反乱も放って置くわけにはいかないでしょうから、ある程度はバラマキはやむを得ないとするのが民意というものなのでしょう。それに自民党の規模拡大化路線は、一部の農家だけを優遇するものという批判も当たらなくなります。

なんにしても民主党の法案は決していい法案ではないといえますが、それをたたき台にしてよりよい法律にしていくことを、これからの国会に期待したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.22

廃棄と紛失

 郵政公社で、740万件余りの取引記録を、保存義務を守らずに廃棄したという記事を読んで思いました。「これはいわゆる顧客情報の紛失ではないのか」と。

 740万件余りの取引記録というのは、「郵便振替払込書」や「キャッシュサービス利用廃止届出書」などの書類ということですから、顧客の名前や住所・連絡先が記入された顧客情報の入った文書です。FDやパソコンに顧客情報を入れて、それを電車などに置き忘れたといった場合は別ですが、民間の金融機関で顧客情報を紛失したといった場合、営業店の統合や大掃除などで廃棄しようという意図はなくのですが、廃棄する文書と一緒になってたりして誤って廃棄してしまったということが多いようです。

 今回の郵政公社の場合、ルールである保存義務をハナから無視して、廃棄しようという意図を持って廃棄しているために紛失ではなく廃棄としているのですが、顧客情報が守られなかったという点においては、誤って廃棄してしまった場合と同様ではないかと思います。いや、私は個人的にはそれよりもヒドイと考えています。

産経の記事では、

郵政公社によると、書類は焼却処分済みで外部への情報流出はなく

とありますが、これもどこまで信用できるか怪しいものだと思います。なぜなら、保存義務というルールを守らない人が意図的に廃棄したといっても、廃棄する際のルールを守ったのかどうか信用できません。保存義務を無視する人であれば、廃棄するルールも無視していい加減なことをした可能性は排除できないということです。

 保存義務を守ろうとしたけれども誤って廃棄した場合は顧客情報紛失で、保存義務を無視して廃棄した場合は顧客情報紛失ではなくあくまで廃棄というのは、事実はそうだとしてもそれで済ませるには何か腑に落ちない気がしてしまいます。どちらにしても大切な顧客情報の管理ができていないことに変わりはなく、ましてやルールを無視するほうが実はもっと悪質だということを、見過ごさないようにしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.20

帰国するなら引退すべき

 朝青龍の件について、せっかくの東西両横綱が揃ったのを国技館で見られないのは残念ですが、理由がどうあれ処分されるのは仕方がないことです。その処分がいいのかどうかということは、相撲協会内部のことでもあるから問わないとして、その処分に従うことができないなら、理由はどうであろうと朝青龍は引退すべきであろうと考えます。

 NHKのニュースで、相撲協会が朝青龍の帰国療養を認める方針と報じていました。ストレス障害の療養のためとはいえ、帰国をさせるということは、秋場所、九州場所と二場所出場停止とともに下された謹慎処分に反することになります。帰国するほど重い症状であるなら、横綱朝青龍明徳は返上して、モンゴル人のドルゴルスレン・ダグワドルジとして帰るべきではないかと思います。 

 横綱の出処進退は横綱自身が決めることですから、相撲協会が横綱を無理やり引退させることはできないにしても、帰国療養を認めることは一度下した処分を変更するものではないのでしょうか。もちろん何がなんでも帰国させないなどと言うことはできません。まずは心の病と、体のケガを直すことが第一です。そのためにモンゴルへ帰ることが必要なら、それを止めることはできません。しかし、下された処分に従えないほど重い病気なら、横綱だからとか関取だからとか言う前に、まずはひとりの人間として治療を優先すべきです。そのために横綱も相撲も失くしたとしてもやむを得ないではないかと思います。

 一連の騒動について、残念なことですが外国人横綱へのバッシングがないとは思いません。当初、モンゴルでサッカーに興じる横綱のビデオを流したテレビの放送の中には、確かにバッシングではないかと思うこともありました。しかし、だからといって処分が甘くなっていいということにはならないはずです。ましてや大相撲の横綱ともなれば、相撲に関することなら一般常識よりも厳しいくらいの処分も甘受すべきだと思います。これは外国人だからということではなく、横綱に求められる責任ではないでしょうか。

 大変に残念なことではありますが、もし朝青龍が帰国するというのなら、引退を覚悟して欲しいし、それでしっかり健康を取り戻したら、また新たな道で頑張ってほしい。そう思います。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2007.08.14

暑い・・・けど、いい風

暑い、暑いけれどクーラーは入れていません。窓を開けていると風が入るので、暑くても何とかしのげます。室温が32℃になっても風があれば、クーラーをつけて28℃で締め切っているよりはいい。

070809  

近所はこんなとこなので、結構いい風が入ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.08

まともな議論を期待します

 臨時国会が始まって民主党の小沢代表が対決姿勢を示しています。テロ特措法に反対なら反対でいいのですが、どうして反対なのか、何が問題なのか、そういった本格的な論議をしてもらいたいものです。さすがに民主党内でも、今まで反対してきたから反対というだけでは通らないようですし、政権奪取のための手段として反対するだけでは、仮にこの問題をきっかけに解散・総選挙となっても、到底責任ある政党としての支持は得られないことでしょう。

 小沢氏はアフガン戦争を米国の自衛戦争と位置づけているようですが、本当にそうなのでしょうか。もともとアフガン戦争は国連安保理決議に基づいてタリバンを一掃するものですが、今も韓国人を人質にして殺害しているのはそのタリバンの残党です。これにどう対処するのか、関わらないという選択肢もあるでしょうが、それでいいのかどうかということを国会できちんと議論して欲しいと思います。国民の安全を守るためにはどうすればいいのかということを、国民の見ている前で堂々と議論してもらいたいものです。

 農家への戸別所得補償制度も、どうしてそれが日本の農業にとっていいことなのかを、真正面から国民に説明すべきです。さらに社民党と共闘するのもいいですが、社民党のいう最低賃金引上げでどういう経済効果があるのかも、きちんと論争すべきです。ただ、国民新党の郵政民営化見直し法案に乗るのだけは、ちょっと見識を疑います。

 政権交代可能な二大政党制は望ましいことだと思いますが、自民党が国民の圧倒的支持を受けて民営化を決めても、政権が代わったら国営に戻すというのでは大変な非効率です。どうせ否決されると思いながら見直し法案に手を貸すようでは、とても政権交代可能な政党とは認められませんし、もし本気で見直しを考えているとしたら、まるでサッチャー以前のイギリスの英国病を21世紀の日本に持ち込もうとしているようです。

 英国病といわれたイギリスが立ち直ったのは、サッチャーによる民営化政策のおかげですが、それを現在まで引き継いでこれたのは、労働党が基本路線を変えたことによるのは明らかです。70年代までなら、保守党が民営化した国営企業を、政権が代わって労働党が再び国営に戻すという非効率を行ってきたために、経済は疲弊して「老大国」に成り下がりました。この愚を改め、サッチャー、メージャーに次いで誕生した労働党のブレア政権は保守党の基本路線を踏襲してうまくいきました。

 いまだに郵政民営化に反対する人たちを無視するつもりはありませんが、政権を担おうとするなら、できることとできないことははっきり分けて、実りある議論を国会の場で行ってもらいたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.03

真の勝敗

 競争の効用は新たな価値の創造を促す点であり、競争の欠陥はやり方によっては既存の価値を傷つける点ではないかと思います。価値を創造する人たちは応援したくなりますし、価値を傷つける人たちは排除したくなります。国会で与野党の衆参逆転は、どの政党が正しい競争をするかを見定めるバロメーターになるのではないかと思っています。

 自公が中心になって衆院で法案を可決しても、参院で否決されれば政策は進みませんし、民主が中心になって参院で法案を可決しても、衆院で否決されれば物事は進みません。小泉政権以来の改革疲れもあるでしょうから、ここらで結果的に何もしないというのもありかもしれませんが、そうもいっていられないこともあるはずです。

 民主党の農家への戸別所得補償制度など、そのままでは何の裏付けもない政策としか思えませんが、貿易の自由化とセットにして実行するなら考慮する余地はありそうです。外国の安い農産物が入ってきても農家の収入が下がってもそれを補償して、一方で工業製品がよりいっそう海外で売れて日本企業が儲かれば、その分政府の税収も増えます。

 年金政策では、自民党の厚生年金と共済年金の一元化を優先するということもわからないではないのですが、理論的には民主党の主張する国民年金も含めて一元化することのほうが理に適っています。ただ実現可能性ということに疑問がついていましたが、今回の選挙結果から、そこを何とかしろというのが国民の声と心得るべきでしょう。

 主義主張があって、政党としてどうしても譲れないところはあるでしょうが、妥協に陥らずに自らの主張に新たな価値を加えて政策を実行していくことは可能なはずです。衆参ねじれ現象の中、自らの主張にこだわり過ぎれば政権を担う資格はなく、妥協しすぎれば存在意義が問われてしまいます。次の国政選挙は衆院選で、そのときこそ政権選択選挙です。より多く新たな価値を作り出した政党、真っ当な競争をして勝った政党に政権を任せたい。その勝敗を見定めるのが、これからの政治の注目点だと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.02

秋場所には早いのですが

 関東地方で梅雨の明けた8月1日、朝青龍への処分が出た日に、秋場所のチケットが送られてきました。両国で開催するときは1度は見に行くのですが、チケットはJCBの大相撲倶楽部で購入しています。送料もかかるのですが、安い椅子B席ですと生ビール券がついてきます。どうせ国技館へ行けば飲むのですから、ここで買っています。

 朝青龍については、処分が軽いの重いのいろいろな意見があるようです。嘘をついて巡業をサボろうとしたことは、責任を厳しく問われて当然ですが、秋場所を見に行くファンの立場としては、ようやく東西の横綱が揃った本場所を両国で見たかったという気持ちもあります。引退などというスポーツ新聞もありましたが、来年の初場所こそは、東京で東西の横綱が揃ったところを見せて欲しいと思います。

 謹慎中は反省をして稽古に励むことが、やり直す第一歩です。それまでの間に白鵬が一人横綱として無敵の強さを示すか、稀勢の里や豊真将が台頭してくるか、秋場所はそのあたりを楽しみに見ることにします。それと先場所十両優勝した岩木山が幕内に戻ってきます。高見盛の高校の先輩、といっても年齢は数ヵ月くらいしか違わなかったと思いますが、この二人の取り組みが楽しみです。時間いっぱいになって、土俵の上で気合をつけるときの高見盛が、岩木山との取り組みのときだけはどこかやりにくそうなのが見ていてよくわかります。それに岩木山を横から見ると、鼻よりおでこのほうが前に出ているあの顔が好きです。

 朝青龍が復活してくれることを望みますが、復活できなければそれまでのことです。でもこれを機に心技体の「心」を成長させて、さらに強い横綱になってくれることを期待したいものです。本当の“青白時代”にはこの処分も必要な試練ということなのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.01

老人と街灯の下で

一人暮らしの老人の家に、久しぶりの訪問者であった。老人の娘が孫を連れてやってきた。

「恒治君はいいのか。」 「今日は出張で帰らないから。家でこの子と2人でいるのも退屈だし。」

老人の妻、娘の母親は早くに亡くなり、老人は男手ひとつで娘を育ててきた。

梅雨の明けた真夏の太陽が傾いて、少しは過ごしやすくなった頃に、娘は夕飯の買い物に出掛けた。老人は孫と留守番しながら、夕べの涼やかな風を求めて外へ出た。老人はまだ妻がいた頃、夏の夕暮れに娘を連れて三人で、当時住んでいた港町の川開きに出掛けたことを思い出した。

娘は両手で父と母の手を握り、川へ向かって夜道を歩いていく。花火が上がると娘は手を離し、一目散に駆け出す。上を見上げながら走るものだから、すぐに転んで泣き出す。妻が娘を抱いてあやしながら人混みを避け、花火の見える公園のブランコに乗って娘の泣き止むのを待っていた。

そんなことを思い出したのは、孫の手を引いて近所の公園まで来て、ブランコを見つけたからかもしれない。不意に孫が老人の手を振りほどいて走り出す。

「パンダだ!」 パンダの乗り物に乗ってご機嫌である。老人は目を細めて孫について行く。 「見てぇ、パンダなの。」 老人はパンダの乗り物の近くまで行って上から孫のうれしそうに遊ぶ姿をのぞき込む。

ちょうど公園の該当に明かりが灯った。その下で、老人の笑顔に見守られて孫が楽しんでいる。買い物を終えて帰る娘が通りかかる。娘は子供の表情はよく見えはしなかったものの、街灯の下で街灯と同じような格好の老人を見て、おかしくもあり子供のうれしそうな気持ちがよく見えた気がした。

頭(こうべ)垂れ 子どもをあやす 老人を 照らす街灯 また頭(こうべ)垂れ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »