« 老人と街灯の下で | Main | 真の勝敗 »

2007.08.02

秋場所には早いのですが

 関東地方で梅雨の明けた8月1日、朝青龍への処分が出た日に、秋場所のチケットが送られてきました。両国で開催するときは1度は見に行くのですが、チケットはJCBの大相撲倶楽部で購入しています。送料もかかるのですが、安い椅子B席ですと生ビール券がついてきます。どうせ国技館へ行けば飲むのですから、ここで買っています。

 朝青龍については、処分が軽いの重いのいろいろな意見があるようです。嘘をついて巡業をサボろうとしたことは、責任を厳しく問われて当然ですが、秋場所を見に行くファンの立場としては、ようやく東西の横綱が揃った本場所を両国で見たかったという気持ちもあります。引退などというスポーツ新聞もありましたが、来年の初場所こそは、東京で東西の横綱が揃ったところを見せて欲しいと思います。

 謹慎中は反省をして稽古に励むことが、やり直す第一歩です。それまでの間に白鵬が一人横綱として無敵の強さを示すか、稀勢の里や豊真将が台頭してくるか、秋場所はそのあたりを楽しみに見ることにします。それと先場所十両優勝した岩木山が幕内に戻ってきます。高見盛の高校の先輩、といっても年齢は数ヵ月くらいしか違わなかったと思いますが、この二人の取り組みが楽しみです。時間いっぱいになって、土俵の上で気合をつけるときの高見盛が、岩木山との取り組みのときだけはどこかやりにくそうなのが見ていてよくわかります。それに岩木山を横から見ると、鼻よりおでこのほうが前に出ているあの顔が好きです。

 朝青龍が復活してくれることを望みますが、復活できなければそれまでのことです。でもこれを機に心技体の「心」を成長させて、さらに強い横綱になってくれることを期待したいものです。本当の“青白時代”にはこの処分も必要な試練ということなのでしょう。

|

« 老人と街灯の下で | Main | 真の勝敗 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/15983748

Listed below are links to weblogs that reference 秋場所には早いのですが:

« 老人と街灯の下で | Main | 真の勝敗 »