« 暑い・・・けど、いい風 | Main | 廃棄と紛失 »

2007.08.20

帰国するなら引退すべき

 朝青龍の件について、せっかくの東西両横綱が揃ったのを国技館で見られないのは残念ですが、理由がどうあれ処分されるのは仕方がないことです。その処分がいいのかどうかということは、相撲協会内部のことでもあるから問わないとして、その処分に従うことができないなら、理由はどうであろうと朝青龍は引退すべきであろうと考えます。

 NHKのニュースで、相撲協会が朝青龍の帰国療養を認める方針と報じていました。ストレス障害の療養のためとはいえ、帰国をさせるということは、秋場所、九州場所と二場所出場停止とともに下された謹慎処分に反することになります。帰国するほど重い症状であるなら、横綱朝青龍明徳は返上して、モンゴル人のドルゴルスレン・ダグワドルジとして帰るべきではないかと思います。 

 横綱の出処進退は横綱自身が決めることですから、相撲協会が横綱を無理やり引退させることはできないにしても、帰国療養を認めることは一度下した処分を変更するものではないのでしょうか。もちろん何がなんでも帰国させないなどと言うことはできません。まずは心の病と、体のケガを直すことが第一です。そのためにモンゴルへ帰ることが必要なら、それを止めることはできません。しかし、下された処分に従えないほど重い病気なら、横綱だからとか関取だからとか言う前に、まずはひとりの人間として治療を優先すべきです。そのために横綱も相撲も失くしたとしてもやむを得ないではないかと思います。

 一連の騒動について、残念なことですが外国人横綱へのバッシングがないとは思いません。当初、モンゴルでサッカーに興じる横綱のビデオを流したテレビの放送の中には、確かにバッシングではないかと思うこともありました。しかし、だからといって処分が甘くなっていいということにはならないはずです。ましてや大相撲の横綱ともなれば、相撲に関することなら一般常識よりも厳しいくらいの処分も甘受すべきだと思います。これは外国人だからということではなく、横綱に求められる責任ではないでしょうか。

 大変に残念なことではありますが、もし朝青龍が帰国するというのなら、引退を覚悟して欲しいし、それでしっかり健康を取り戻したら、また新たな道で頑張ってほしい。そう思います。

|

« 暑い・・・けど、いい風 | Main | 廃棄と紛失 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/16180672

Listed below are links to weblogs that reference 帰国するなら引退すべき:

» 痛風 []
痛風の情報を発信しています。痛風の知識を深めていきましょう。 [Read More]

Tracked on 2007.08.20 at 18:21

» 温泉の効果・効用 [秋川渓谷瀬音の湯・温泉/口コミ情報]
温泉は本当に体にいいのか?と、考えた事あるでしょうか? 『温泉は体にいい』と医学的に証明されているんです。 温泉保養・療法によって、私たちの体内にいろいろなホルモンの分泌、血圧、心臓の拍動数、基礎代謝量、血中中性脂肪や血糖値などが、ほぼ7日周期のリズムを描きながら正常化していくことが分かっています。 また心のケアにもなるようです。 温泉に入った後は、くつろいだときに出るα波という脳波の割合が増え�... [Read More]

Tracked on 2007.08.20 at 21:03

« 暑い・・・けど、いい風 | Main | 廃棄と紛失 »