« ツイてない日 | Main | 秋場所には早いのですが »

2007.08.01

老人と街灯の下で

一人暮らしの老人の家に、久しぶりの訪問者であった。老人の娘が孫を連れてやってきた。

「恒治君はいいのか。」 「今日は出張で帰らないから。家でこの子と2人でいるのも退屈だし。」

老人の妻、娘の母親は早くに亡くなり、老人は男手ひとつで娘を育ててきた。

梅雨の明けた真夏の太陽が傾いて、少しは過ごしやすくなった頃に、娘は夕飯の買い物に出掛けた。老人は孫と留守番しながら、夕べの涼やかな風を求めて外へ出た。老人はまだ妻がいた頃、夏の夕暮れに娘を連れて三人で、当時住んでいた港町の川開きに出掛けたことを思い出した。

娘は両手で父と母の手を握り、川へ向かって夜道を歩いていく。花火が上がると娘は手を離し、一目散に駆け出す。上を見上げながら走るものだから、すぐに転んで泣き出す。妻が娘を抱いてあやしながら人混みを避け、花火の見える公園のブランコに乗って娘の泣き止むのを待っていた。

そんなことを思い出したのは、孫の手を引いて近所の公園まで来て、ブランコを見つけたからかもしれない。不意に孫が老人の手を振りほどいて走り出す。

「パンダだ!」 パンダの乗り物に乗ってご機嫌である。老人は目を細めて孫について行く。 「見てぇ、パンダなの。」 老人はパンダの乗り物の近くまで行って上から孫のうれしそうに遊ぶ姿をのぞき込む。

ちょうど公園の該当に明かりが灯った。その下で、老人の笑顔に見守られて孫が楽しんでいる。買い物を終えて帰る娘が通りかかる。娘は子供の表情はよく見えはしなかったものの、街灯の下で街灯と同じような格好の老人を見て、おかしくもあり子供のうれしそうな気持ちがよく見えた気がした。

頭(こうべ)垂れ 子どもをあやす 老人を 照らす街灯 また頭(こうべ)垂れ

|

« ツイてない日 | Main | 秋場所には早いのですが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64797/15976038

Listed below are links to weblogs that reference 老人と街灯の下で:

« ツイてない日 | Main | 秋場所には早いのですが »