« October 2007 | Main | January 2008 »

2007.11.27

プロ意識の欠如

 千秋楽に琴光喜に不甲斐ない負けを喫した横綱白鵬のコメントが、「朝、千代大海関が休場するとわかって、その辺が出たと思う。」というものでした。まったく正直なコメントではあるのですが、ちょっとプロ意識に欠けているのではないかと思います。白鵬優位ではありましたが、千秋楽に優勝力士が決まるところを見に来た大相撲ファンは、取り組み前に優勝力士が決まってしまい、それならせめて優勝した横綱の勇姿を見ようとしたら何のことはありません。ただの消化相撲を見せられただけだったとは。

 本来であれば、まずは横綱としてだらしない相撲をとったことをファンに謝罪するか、あるいは琴光喜には悪いのですが、横綱自身はあの相撲に納得がいかないというようなコメントが欲しかったと思います。翌日の会見でも、優勝したことについて「うれしい気持ちでいっぱいです」というのもいいですが、あんな千秋楽の取り組みや12勝3敗という低レベルでの優勝を、少しは恥じ入る気持ちがあって然るべきではないかと思いました。

 プロ意識の欠如といえば、千代大海とその師匠の九重親方(元横綱千代の富士)についてもどうかと思っています。千代大海にケガをしても出ろというつもりはありませんが、あと少しで優勝もできるかもしれないというところまできて、休場せざるをえないケガをするということは、結果として鍛え方が足りなかったと考えるのがプロの力士なのではないかと思います。どれほど優勝争いをしようと、いや優勝に近づけば近づくほど、鍛え方が足りないという稽古不足を本場所で露呈することは重い罪です。好取組を期待しているファンへの裏切りです。

 プロならそのことを詫びるコメントがあっていい。九重親方にしても、これは私が見た新聞の報道の範囲内ではありますが、ファンへのコメントが見当たりませんでした。「残念だが右腕が動かない状態。相撲を取れないのだから出ることはできない。」残念なのは休場によって自ら優勝の可能性をフイにする弟子の千代大海が残念なのであって、九州出身の大関同士の取り組み、しかも優勝にも絡む対魁皇戦を見られないファンの残念な気持ちへの気遣いが感じられません。

 来場所は朝青龍が戻ってきます。東西そろった横綱の、雲竜型と不知火型の土俵入りを楽しみにしていますが、(プロ意識という)品位に欠けるのはようやく戻ってきた横綱だけではないようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.11.13

今こそ対案を望む

 NHKの調査によりますと、

さきに福田総理大臣が民主党の小沢代表との党首会談で連立政権を組むことを打診したことについて、「大いに評価する」が10%、「ある程度評価する」が36%だったのに対し、「あまり評価しない」が27%、「まったく評価しない」が21%でした。

大連立を評価する割合が合計で47%、評価しないは48%と拮抗しています。

民主党が連立政権を組むことを拒否したことについて、「大いに評価する」が20%、「ある程度評価する」が29%だったのに対し、「あまり評価しない」が30%、「まったく評価しない」が14%でした。

民主党が大連立を拒否したことを評価する割合が合計で49%、評価しないは44%。こちらも拮抗しているといえそうです。

日経の調査によりますと、大連立を「評価する」は27%にとどまり、「評価しない」が55%に上っていますから、NHKの調査だけで大連立への賛否は半々に割れているとは言えませんが、NHKの結果は私自身の実感に近いものがあります。

 11月2日の夜に大連立のニュースが流れたときの第一印象は、確かに違和感というものでしたが、11月4日の小沢氏の代表辞任の会見を見て、自民党にとっても民主党にとっても大連立というのは政策実現の1つの方法だったのかと納得できました。もっとも小沢氏の言うような、自衛隊の海外派遣について政府見解を大きく変え、給油新法の成立にもこだわらないという条件での大連立なら、私は反対ですが。

 衆参のねじれの中での政策実現の方法は、大連立だけというわけではないでしょうが、これに反対をした民主党は代替案を提示すべきではないかと思います。自民党には最終的に衆議院の3分の2で再可決という手段があります。そういう手段を持たない民主党が政策をどう実現するのか、明らかにしなければ無責任の誹りは免れません。

 衆議院を解散に追い込んで、総選挙で勝って政権をとってから政策を実現させるというのかもしれませんが、それは解散するまでは与党の3分の2での再可決を認めるということか、そうでなければ衆議院の任期満了まで最大2年間は国会を機能させないというに等しくなります。解散に追い込むという名目はあるとはいえ、反対のための反対をするようでは、無責任であり政権担当能力が疑われます。

 与党が衆議院の3分の2を使わなくとも国会が機能するような枠組みができれば、福田政権も解散をしやすくなります。なぜなら、仮に次の総選挙で与党が3分の2までいかなくとも、過半数を取れば引き続き政権を担当しながら、ねじれ国会の中でも何とか議会運営ができると考えられるからです。現実にはそう思わせておいて、選挙では民主党が過半数を取ればいいわけです。

 次の衆議院選挙で与党が過半数を取ってもねじれ現象は変わらず、国会運営が行き詰ることが見えているなら、そう簡単には衆議院を解散などしないはずですし、それが国民への責任と今の政権が考えても無理はありません。ここはひとつ、譲歩すべきところは譲歩してでもアイデアを出して、自民・民主双方の政策実現を図れる枠組みを作り、福田政権が安心して解散できる状況を作り出すことが賢いやり方だと思います。大連立に代わる対案を望みます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | January 2008 »