« January 2008 | Main | April 2010 »

2008.02.12

見えなくするもの

 時津風部屋で起こった暴行致死事件が、ここ数日テレビのワイドショーを賑わせています。テレビを見ていると、元親方や暴行を加えた兄弟子は酷いことをするなと思います。こうした報道を見ていて気になったことがあります。相撲界の上下関係の厳しさと、暴行をした兄弟子もまた被害者であるかのような論調が見られることです。

 親方の指示は絶対であり、「やれ」と言われれば逆らうことはできないとか、あの弟子たちも別の部屋に入っていれば逮捕されるようなことはしなかったはずなのに、といった論調です。元関取の竜虎氏も次のように言っています。

「全責任は師匠にある。兄弟子たちは被害者ですよ。これからがんばってという若者なのに。親方にいわれればやりますよ」

 しかし、そうなのかなという疑問が湧いてきます。相撲に限らず、スポーツの世界では上下関係は厳しいものですが、上の人から言われたらそれは絶対で、犯罪でも従わなければならないというようなことは、違うだろうと思います。そういう理不尽な組織もあるのかもしれませんが、大半はそんなことはないというのが、私自身の経験や周りの知人、友人の話を聞いての実感です。

 朝日新聞の2月9日の天声人語に、相撲の稽古と暴力を「似て非なるもの」といっていました。

相撲部屋という「畑」にも、けいこにまじって、暴力という「似て非なる雑草」がはびこっていた。時津風部屋の若手力士、斉藤俊さんが急死した事件で、当時の親方と兄弟子3人が逮捕された。だが、「この部屋だけか」という疑念がぬぐえない

 「似て非なるもの」だから、相撲の稽古に暴力が入り込んできてしまったということを言いたいとも読めるのですが、相撲の稽古はもちろん、他のどんなスポーツの練習でも、暴力とは「似て非なるもの」どころか、「似ても似つかぬもの」というのが私の実感です。

 兄弟子たちは稽古ではなく暴力であることを認識していたはずだと思います。暴力を命じられて従わざるを得ない状況ではなく、潜在的にせよ暴力を振るう意思があるところに親方の指示があったという見方もできます。むしろその方が自然だと思えます。すべての責任は親方にあるというのはその通りだとは思いますが、だからすべてを親方が指示してそれに従っただけの兄弟子も気の毒だというのは、真実を見えなくするだけのような気がします。

 どうしてこのようなことになったのか、真実を明らかにすることが大切です。犯罪に加担した者を被害者だというようなことは、真実を見えなくするだけではないかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2008.02.07

改善へ向けて

 冷凍食品を食べることが怖くなったギョーザ中毒事件shockですが、ニュースを見ていて思ったことがあります。問題の餃子を生産した天洋食品という中国企業、最初に事件を聞いて想像していたよりきれいな工場だということです。

 昨年のダンボール肉まんを作っていたとされる店の映像がまだ記憶に残っていたせいか、毒物が混じるような工場ですから、管理の行き届かない汚い工場を想像していました。しかし、テレビで見る限りとても衛生的で、言われなければ日本の一流企業の工場と遜色ないように見えます。eye日本政府の調査団も「清潔な印象」といっていますし、中国国内はもちろん、日本側の求める水準は満たしているのだろうと思います。

 それだけに天洋食品の当事者は信じられなかったのでしょうし(製造元「証拠があるのか」)、おそらく中国の人たちも中国側に責任があるとは思いたくないのでしょう。(ギョーザ中毒事件は「日本の陰謀」 中国ネット世論

 実際にはまだ調査中ですから、とにかく早く真相が明らかになることを望みますが、報道を見る限りでは、製造段階がやはり怪しいと思いますし、人為的な犯罪である可能性が強いようにも感じます。同時に、天洋食品をはじめとする中国側の対応にも注目しています。仮に何らかの理由で毒物を混入した犯人が明らかになり、天洋食品自体の責任ではないことが判明しても、天洋食品への恨みが動機であれば今後はそうした恨みを買わないよう改善してもらわなければなりません。また、天洋食品への恨みではなく全く偶然に同社の製品にばかり毒物が混入されてしまったのだとしても、今後はそういうことのないように流通経路等を改善をしてもらわなければなりません。

 法律上は自社に責任はなくても、経済的にダメージを受けることはあります。これを乗り越えて日本に食品restaurantを提供できるのかどうか。提供して欲しいのですが、それができる企業か、そしてそれができる国なのか、この点に注目しています。

 一方で、日本国内の反応にも注意すべき点はあると思います。今回の事件で改めてわが国の食糧自給率の低さが認識されましたが、これを誤った方法で改善するような意見が勢力をもたないことを望みます。

 自給率上げようとすることは正しいことだと思いますが、それは農業や食品の製造業の競争力を強くすることであって、こうした産業に税金や補助金yenをバラ撒くことではありません。懸念するような論調をまだ目にしていないので今のところ安心していますが、airplane空港管理会社への外資規制などという話が持ち上がるようでは安心はできません。

 安全保障上の必要があるなら、平時の出資を規制するのではなく、いざというときに私権を制限することを予めルールとして決めておくことこそ、政府がやるべきことです。こうしたルールは株主が外国人であろうと日本人であろうと区別するものではありません。そういうことが公正とか平等ということであり、日本国内における国際化なのだろうと思います。

 食品の安全も、軍事的な安全保障に劣らないくらい重要です。それだけに不合理な規制がまかり通ってしまうこともあるかもしれません。中国を見るのと同じくらい厳しい視線で、わが国内部の守旧派を監視する必要があると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | April 2010 »