« February 2008 | Main

2010.04.15

思ったよりも深刻

ワシントンポストが、核セキュリティーサミットの最大の敗者として日本の鳩山首相を挙げています。

「オバマ大統領との首脳会談を要望したものの果たせず、夕食会で非公式の首脳会談を行っただけだった」

ということにとどまらず、アメリカのオバマ大統領が提唱した会議であるにもかかわらず、同盟国である日本の総理大臣が、まともに相手にされないというのは、由々しきことだといえます。唯一の被爆国であり、IAEA(国際原子力機関)に事務局長を輩出している日本の、代表である首相の存在感が薄く、2年後の次回サミットは日本の広島や長崎ではなく、韓国で開催することが決まって、リベラルで左翼の社民党と連立を組む鳩山首相にとってはダメージが大きいのではないかと思います。

今年は日米安保条約が締結されて50年ですが、日米同盟をどうするのかなんてことを議論するような雰囲気でもありません。50年といえば終戦後50年の1995年も左翼を取り込んだ自社さの連立政権でした。この年の村山内閣は、1月の阪神大震災への対応の遅れを批判され、オウム真理教にサリン事件を起こされ、警察庁長官が狙撃されたにもかかわらず、その事件が今年時効になっています。この村山内閣で運輸大臣だったのが、亀井静香金融・郵政改革担当大臣です。鳩山首相と菅直人副総理兼財務相は連立を組む新党さきがけの主要メンバーでした。

普天間問題は、多分この内閣では解決できないだろうと思います。というより、問題を作って大きくして、このあとどうするつもりなのか不思議でさえあります。鳩山内閣後にどう決着するのか、普天間問題はそういう話なのだろうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main