2008.02.12

見えなくするもの

 時津風部屋で起こった暴行致死事件が、ここ数日テレビのワイドショーを賑わせています。テレビを見ていると、元親方や暴行を加えた兄弟子は酷いことをするなと思います。こうした報道を見ていて気になったことがあります。相撲界の上下関係の厳しさと、暴行をした兄弟子もまた被害者であるかのような論調が見られることです。

 親方の指示は絶対であり、「やれ」と言われれば逆らうことはできないとか、あの弟子たちも別の部屋に入っていれば逮捕されるようなことはしなかったはずなのに、といった論調です。元関取の竜虎氏も次のように言っています。

「全責任は師匠にある。兄弟子たちは被害者ですよ。これからがんばってという若者なのに。親方にいわれればやりますよ」

 しかし、そうなのかなという疑問が湧いてきます。相撲に限らず、スポーツの世界では上下関係は厳しいものですが、上の人から言われたらそれは絶対で、犯罪でも従わなければならないというようなことは、違うだろうと思います。そういう理不尽な組織もあるのかもしれませんが、大半はそんなことはないというのが、私自身の経験や周りの知人、友人の話を聞いての実感です。

 朝日新聞の2月9日の天声人語に、相撲の稽古と暴力を「似て非なるもの」といっていました。

相撲部屋という「畑」にも、けいこにまじって、暴力という「似て非なる雑草」がはびこっていた。時津風部屋の若手力士、斉藤俊さんが急死した事件で、当時の親方と兄弟子3人が逮捕された。だが、「この部屋だけか」という疑念がぬぐえない

 「似て非なるもの」だから、相撲の稽古に暴力が入り込んできてしまったということを言いたいとも読めるのですが、相撲の稽古はもちろん、他のどんなスポーツの練習でも、暴力とは「似て非なるもの」どころか、「似ても似つかぬもの」というのが私の実感です。

 兄弟子たちは稽古ではなく暴力であることを認識していたはずだと思います。暴力を命じられて従わざるを得ない状況ではなく、潜在的にせよ暴力を振るう意思があるところに親方の指示があったという見方もできます。むしろその方が自然だと思えます。すべての責任は親方にあるというのはその通りだとは思いますが、だからすべてを親方が指示してそれに従っただけの兄弟子も気の毒だというのは、真実を見えなくするだけのような気がします。

 どうしてこのようなことになったのか、真実を明らかにすることが大切です。犯罪に加担した者を被害者だというようなことは、真実を見えなくするだけではないかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.09.24

赤トンボ

070924_2  朝の散歩に行こうとしたところ、マンションの通路の手すりに赤トンボが止まっていました。近頃ではあまり見かけなくなっただけに、赤い色が新鮮に見えました。

 今朝涼し 目を覚ましたら 赤とんぼ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.22

廃棄と紛失

 郵政公社で、740万件余りの取引記録を、保存義務を守らずに廃棄したという記事を読んで思いました。「これはいわゆる顧客情報の紛失ではないのか」と。

 740万件余りの取引記録というのは、「郵便振替払込書」や「キャッシュサービス利用廃止届出書」などの書類ということですから、顧客の名前や住所・連絡先が記入された顧客情報の入った文書です。FDやパソコンに顧客情報を入れて、それを電車などに置き忘れたといった場合は別ですが、民間の金融機関で顧客情報を紛失したといった場合、営業店の統合や大掃除などで廃棄しようという意図はなくのですが、廃棄する文書と一緒になってたりして誤って廃棄してしまったということが多いようです。

 今回の郵政公社の場合、ルールである保存義務をハナから無視して、廃棄しようという意図を持って廃棄しているために紛失ではなく廃棄としているのですが、顧客情報が守られなかったという点においては、誤って廃棄してしまった場合と同様ではないかと思います。いや、私は個人的にはそれよりもヒドイと考えています。

産経の記事では、

郵政公社によると、書類は焼却処分済みで外部への情報流出はなく

とありますが、これもどこまで信用できるか怪しいものだと思います。なぜなら、保存義務というルールを守らない人が意図的に廃棄したといっても、廃棄する際のルールを守ったのかどうか信用できません。保存義務を無視する人であれば、廃棄するルールも無視していい加減なことをした可能性は排除できないということです。

 保存義務を守ろうとしたけれども誤って廃棄した場合は顧客情報紛失で、保存義務を無視して廃棄した場合は顧客情報紛失ではなくあくまで廃棄というのは、事実はそうだとしてもそれで済ませるには何か腑に落ちない気がしてしまいます。どちらにしても大切な顧客情報の管理ができていないことに変わりはなく、ましてやルールを無視するほうが実はもっと悪質だということを、見過ごさないようにしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.20

帰国するなら引退すべき

 朝青龍の件について、せっかくの東西両横綱が揃ったのを国技館で見られないのは残念ですが、理由がどうあれ処分されるのは仕方がないことです。その処分がいいのかどうかということは、相撲協会内部のことでもあるから問わないとして、その処分に従うことができないなら、理由はどうであろうと朝青龍は引退すべきであろうと考えます。

 NHKのニュースで、相撲協会が朝青龍の帰国療養を認める方針と報じていました。ストレス障害の療養のためとはいえ、帰国をさせるということは、秋場所、九州場所と二場所出場停止とともに下された謹慎処分に反することになります。帰国するほど重い症状であるなら、横綱朝青龍明徳は返上して、モンゴル人のドルゴルスレン・ダグワドルジとして帰るべきではないかと思います。 

 横綱の出処進退は横綱自身が決めることですから、相撲協会が横綱を無理やり引退させることはできないにしても、帰国療養を認めることは一度下した処分を変更するものではないのでしょうか。もちろん何がなんでも帰国させないなどと言うことはできません。まずは心の病と、体のケガを直すことが第一です。そのためにモンゴルへ帰ることが必要なら、それを止めることはできません。しかし、下された処分に従えないほど重い病気なら、横綱だからとか関取だからとか言う前に、まずはひとりの人間として治療を優先すべきです。そのために横綱も相撲も失くしたとしてもやむを得ないではないかと思います。

 一連の騒動について、残念なことですが外国人横綱へのバッシングがないとは思いません。当初、モンゴルでサッカーに興じる横綱のビデオを流したテレビの放送の中には、確かにバッシングではないかと思うこともありました。しかし、だからといって処分が甘くなっていいということにはならないはずです。ましてや大相撲の横綱ともなれば、相撲に関することなら一般常識よりも厳しいくらいの処分も甘受すべきだと思います。これは外国人だからということではなく、横綱に求められる責任ではないでしょうか。

 大変に残念なことではありますが、もし朝青龍が帰国するというのなら、引退を覚悟して欲しいし、それでしっかり健康を取り戻したら、また新たな道で頑張ってほしい。そう思います。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2007.08.14

暑い・・・けど、いい風

暑い、暑いけれどクーラーは入れていません。窓を開けていると風が入るので、暑くても何とかしのげます。室温が32℃になっても風があれば、クーラーをつけて28℃で締め切っているよりはいい。

070809  

近所はこんなとこなので、結構いい風が入ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.02

秋場所には早いのですが

 関東地方で梅雨の明けた8月1日、朝青龍への処分が出た日に、秋場所のチケットが送られてきました。両国で開催するときは1度は見に行くのですが、チケットはJCBの大相撲倶楽部で購入しています。送料もかかるのですが、安い椅子B席ですと生ビール券がついてきます。どうせ国技館へ行けば飲むのですから、ここで買っています。

 朝青龍については、処分が軽いの重いのいろいろな意見があるようです。嘘をついて巡業をサボろうとしたことは、責任を厳しく問われて当然ですが、秋場所を見に行くファンの立場としては、ようやく東西の横綱が揃った本場所を両国で見たかったという気持ちもあります。引退などというスポーツ新聞もありましたが、来年の初場所こそは、東京で東西の横綱が揃ったところを見せて欲しいと思います。

 謹慎中は反省をして稽古に励むことが、やり直す第一歩です。それまでの間に白鵬が一人横綱として無敵の強さを示すか、稀勢の里や豊真将が台頭してくるか、秋場所はそのあたりを楽しみに見ることにします。それと先場所十両優勝した岩木山が幕内に戻ってきます。高見盛の高校の先輩、といっても年齢は数ヵ月くらいしか違わなかったと思いますが、この二人の取り組みが楽しみです。時間いっぱいになって、土俵の上で気合をつけるときの高見盛が、岩木山との取り組みのときだけはどこかやりにくそうなのが見ていてよくわかります。それに岩木山を横から見ると、鼻よりおでこのほうが前に出ているあの顔が好きです。

 朝青龍が復活してくれることを望みますが、復活できなければそれまでのことです。でもこれを機に心技体の「心」を成長させて、さらに強い横綱になってくれることを期待したいものです。本当の“青白時代”にはこの処分も必要な試練ということなのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.30

ツイてない日

 昨日の日曜日は投票に行ってから、競馬場へ行くつもりでした。ところが、午後に降り出した雨がひどくて出掛ける気になりません。競馬の予想をして雨がおさまるのを待っていると、メインレースに遅れそうになってしまい、まずは投票よりも競馬へ先に行くことにしました。外に出ると雨は止んでいましたが、いつまた降り出すかわかりません。

 メインレースの1つ前のレースに、何とか間に合う頃に競馬場に着きました。さて馬券を買おうと思いはしましたが、オッズを確認していると、時間的に買えるかどうかギリギリです。休みの日に何もそんなに急ぐことはないと、このレースは見送りました。普段は慌てて買って当たったためしはないのですが、こういうときに限って予想した馬が来ています。普通に買っていれば単勝と馬連は当たっていたはずです。悔しい思いはしましたが、今日はツイているに違いないと言い聞かせてメインレースに挑みました。その後、2~3レースほど馬券を買いましたがどれも当たらず、そうなると見送ったレースが悔やまれます。

 競馬場を後にして、参院選の投票所へ。ツイていない日だったことと関係はないでしょうが、私が投票した選挙区の候補者は落選でした。それにしてもこの日はとことんツイていないようで、投票後に行った居酒屋で免許証やカードの入った定期入れを落としてしまいました。そのことに家に帰って風呂に入った後に気づき、雨の中、定期入れを探しながら再びその居酒屋まで行く羽目となってしまいました。家から居酒屋まではそんなに遠くはないのですが、それにしてもツイていません。もっとも落とした定期入れが、居酒屋にあったこと自体ツイていたといえるのかもしれませんが。

 選挙は与党が負けて午前中は株価も下がっていましたが、引け間際に上がって、結局プラスで終わりました。自民党惨敗で国会運営が不安定になる懸念はありますが、民主党にも責任感が出てきて無茶なことはできないだろうとも考えられます。ツイていないばかりではないと思いたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.27

他力本願

 肥満は伝染するというニュースを読んだとき、日頃付き合いのある親しい友人を思い浮かべて、やっぱりそうだったんだと思い当たりました。

【ワシントン25日共同】友人やきょうだい、配偶者が肥満になった人は自分も肥満になる可能性が高くなるとの大規模調査の結果を米ハーバード大などの研究チームが25日、米医学誌に発表した。肥満への抵抗感がなくなってしまうことが一因らしく、先進国で社会問題となっている肥満が親密な人間関係の中で広がる側面があることを示す結果。チームは「人間関係を通じ肥満の改善もできるかもしれない」と指摘。

 こちらが思い当たったということは、友人のほうもきっと私を思い出して、「やはりそうか」と思っているはずです。友人以外にも、「元祖!でぶや」は好きな番組ですし、大相撲も場所中はテレビで見るだけではなく、両国でやっているときは場所中に1回は見に行きます。相撲取りとデブタレは一緒ではないと言われるかもしれませんが、たくさん食べる人には好印象を持つという点で、私の中ではつながっています。

 やはりダイエットなどを気にせず、大いに食べる姿というのはいいものです。だから、友人とも大いに食べて飲んで、飲みすぎて記憶をなくすのも肥満のことを忘れるため(?)なのかもしれません。そういう自分の意識を振り返ると、デブはデブを呼ぶというハーバード大の研究には思い当たります。

 研究チームの「人間関係を通じ肥満の改善もできるかもしれない」というコメントがありますが、これは肥満じゃない人と付き合えといわれているようで、大きなお世話だという気もしないではありません。「元祖!でぶや」は金曜日に放送していた頃は毎回見ていましたが火曜日になってからはあまり見られなくなりました。でも、だからといって痩せたということもありません。ですから、相撲を見ることを止めたり、友人と飲み食いすることを控えても、きっとあまり効果はないだろうと思っています。ただ、友人がダイエットに成功すれば自分でもできるかもしれないと思えそうです。

次に友人に会ったら、互いに相手にダイエットをさせようとするに違いないと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.07.26

マニフェスト

 朝、郵便受けに「Manifesto」という民主党の小沢党首の顔写真がでかでかと出ているチラシが入っていました。参院選挙まであと数日となりました。今回はどこにいれようかと思っていましたので、このマニフェストを見てみました。3つの約束ということが書かれています。

 1つ目が「年金通帳で消えない年金」とあります。銀行通帳と同じように年金通帳を作って、いつでも自分の記録を確認できるようにするということです。職歴や保険料の支払い状況が年金手帳に記録されるのでしょうが、まさか年金通帳がなければ転職や保険料の支払いができないということはないでしょうから、社会保険庁のコンピュータにある記録を年金通帳に記帳すればいつでも自分の記録を確認できるということなのでしょう。しかし、年金通帳の記帳はきっと社会保険事務所か市区町村役所で行うことになるのではないでしょうか。今でも自分の記録を確認するのに社会保険庁に行く必要があるのですから、あまり変わらないと思います。それに銀行通帳と同じようにといっても、いまや銀行では通帳などなくても口座を利用できます。通帳を使わないことのほうが多いのではないでしょうか。それを年金だけ通帳といわれてもどんなものでしょうか。社会保険カードみたいなほうがまだ良さそうに思います。

 2つ目は「月額2万6000円の子ども手当」です。公立高校の授業料を無料にするとか、奨学金制度を拡充するともありますが、財源は書いてありません。少子化対策としての施策のようですが、少子化だから授業料を無料にするというより、教育そのものをどうするのかというほうが私は重要だと思います。それに子どもの教育を充実させることは必要だと思いますが、カネだけかければいいものでもないはずです。むしろカネはかけるだけでは不十分で、いかにカネを使うかという視点が抜けています。もっとも本当にそんなカネ(財源)があるのかどうかも疑わしいのですから、いい加減な書き方になるのも仕方がないのかもしれません。

 3つ目は農家への「戸別所得補償制度」を創設するそうです。食料自給率を向上させようという意図はいいのですが、後継者がどうなるかもわからない零細農家も対象となるのでしょうか。途方もない高関税で外国の農産物を締め出すよりは、農家への補助金で競争力をつけるよう支援するというのはマシかもしれませんが、本当に関税を下げるのかどうかということと、戸別所得補償制度で農家の国際競争力がどう向上するのかがわかりません。普通に考えればこれでは農家の樹競争力はますます低下します。

 税金の無駄遣いを徹底的になくして消費税は現行のままとするといっても、やはり経済成長がなければそんなことできないだろうという気がしてなりません。税金の無駄遣いをなくすことは当然ですが、それでこれからも増えていく社会保障費を賄うことはどう考えても非現実的に思います。やはり政策面では自民党のほうが信頼感はあるのですが、東京ではふざけた弁護士選挙権もない元女子アナが候補者になっていて投票する気になりません。自民の支持率が低いのもこういうところに原因があるように感じています。

 日本改造計画を書いた小沢さんを、以前は支持していたのですが、このところの発言からはどうも主義主張を変えたようです。自由主義を守る候補者、政党へ投票したいのですが、赤みがかった政策を主張する小沢民主党には期待できそうにありません。

 マニフェストと一緒に、明日の古新聞回収のチラシがありました。早速まとめておくことにします。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2007.07.24

子供の成長

 土曜日の朝、散歩をしていると歩道で見慣れない虫を見つけました。3~4cmくらいの茶色で、羽はなく前足が小さな釜のような形をしています。のそのそと歩道を歩くというか、這っているように動いています。どこかで見たことのあるような虫なのですが、なんだったか思い出せません。ただ、じっと見ていると、そのグロテスクな形に嫌気を覚えてそのまま立ち去りました。歩きながら胴体だけならセミに似ているかなと思って気がつきました。セミの幼虫です。羽化するために土の中から出てきたセミの幼虫が、何らかの理由で歩道を這って羽化し易い場所を探しているところだったようです。抜け殻はよく見つけるのですが、生きて動いているセミの幼虫を見つけたのは、多分生まれて初めてではないかと思います。

 ちゃんと羽化してセミになれただろうか。そんなことを思いながら、家に帰って週明けに迫った締め切りの原稿を仕上げようともがいてはみましたが、なかなか思うようには進みません。そうこうしているうちに、妹がもうじき3歳になる娘を連れてやってきました。その日は妹は同窓会で、出掛けている間、姪を預ることになっていました。

 姪がいるともう原稿どころではなくなります。母親がいない間にグズられても困るので、こちらも精一杯相手をするといい加減に疲れてきます。しばらくすると姪も疲れたのか、座っておとなしくテレビを見始めます。その間に原稿を書けば良さそうなものですが、姪の様子が気になって、目の届くところでお茶でも飲んで一息つくことはできても、とても原稿に手をつける気にはなりません。締め切りは気になるのですが、姪と遊んでいると至福のときに思えてきます。

 姪が帰って週明けの朝、散歩に出掛けて帰ってきたとき、雨の中、マンションの駐車場で雀が何かをくわえながら悪戦苦闘しています。私が近づくと、雀はあきらめてくわえていたものを放して飛び去っていきました。後に残ったのは羽をばたつかせている何かの虫です。さらに近づいて見ると、小さなセミが覚束ない飛び方でフラフラと飛んでいきます。

 雀にくわえられていたから覚束ない飛び方だったのか、それともあの大きさからするとまだ羽化したばかりで、あまりよく飛べないところを雀に襲われたのか。そのとき、土曜の朝に見たセミの幼虫を思い出しました。まさかあの幼虫が羽化して雀に襲われたとは思いませんが、のそのそと這っていた幼虫がフラフラとではあっても飛べるようになったと思えて、子供の成長を見たような気がしました。

 来月は姪も3歳になります。誕生日のプレゼントは何がいいだろうか。原稿を仕上げたら考えようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧