2007.11.27

プロ意識の欠如

 千秋楽に琴光喜に不甲斐ない負けを喫した横綱白鵬のコメントが、「朝、千代大海関が休場するとわかって、その辺が出たと思う。」というものでした。まったく正直なコメントではあるのですが、ちょっとプロ意識に欠けているのではないかと思います。白鵬優位ではありましたが、千秋楽に優勝力士が決まるところを見に来た大相撲ファンは、取り組み前に優勝力士が決まってしまい、それならせめて優勝した横綱の勇姿を見ようとしたら何のことはありません。ただの消化相撲を見せられただけだったとは。

 本来であれば、まずは横綱としてだらしない相撲をとったことをファンに謝罪するか、あるいは琴光喜には悪いのですが、横綱自身はあの相撲に納得がいかないというようなコメントが欲しかったと思います。翌日の会見でも、優勝したことについて「うれしい気持ちでいっぱいです」というのもいいですが、あんな千秋楽の取り組みや12勝3敗という低レベルでの優勝を、少しは恥じ入る気持ちがあって然るべきではないかと思いました。

 プロ意識の欠如といえば、千代大海とその師匠の九重親方(元横綱千代の富士)についてもどうかと思っています。千代大海にケガをしても出ろというつもりはありませんが、あと少しで優勝もできるかもしれないというところまできて、休場せざるをえないケガをするということは、結果として鍛え方が足りなかったと考えるのがプロの力士なのではないかと思います。どれほど優勝争いをしようと、いや優勝に近づけば近づくほど、鍛え方が足りないという稽古不足を本場所で露呈することは重い罪です。好取組を期待しているファンへの裏切りです。

 プロならそのことを詫びるコメントがあっていい。九重親方にしても、これは私が見た新聞の報道の範囲内ではありますが、ファンへのコメントが見当たりませんでした。「残念だが右腕が動かない状態。相撲を取れないのだから出ることはできない。」残念なのは休場によって自ら優勝の可能性をフイにする弟子の千代大海が残念なのであって、九州出身の大関同士の取り組み、しかも優勝にも絡む対魁皇戦を見られないファンの残念な気持ちへの気遣いが感じられません。

 来場所は朝青龍が戻ってきます。東西そろった横綱の、雲竜型と不知火型の土俵入りを楽しみにしていますが、(プロ意識という)品位に欠けるのはようやく戻ってきた横綱だけではないようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.26

栃東YATTA!!

 大相撲大阪場所の13日目を生で見ていた人は羨ましいですね。優勝がかかった横綱と大関の取り組みを2回も見られて、しかも憎たらしいほど強い横綱に今年初めて土がついた瞬間を見ていたわけですから。

 取り直し前の一番は、物言いがつかなければ行司の通り朝青龍の勝ちかと思いましたが、ビデオを見ると確かに微妙ですね。目の前で見ているとはいえ、審判席で見ている親方たちはよく見ています。取り直しも見ごたえがあってよかった。大関が横綱を破って座布団が飛ぶのは、栃東に失礼かとも思いますが、投げたくなる気持ちもわかります。私が升席にいたらたぶん隣の座布団も投げていたかもしれません。

 今日は魁皇にも頑張って欲しいですね。平幕には負けても横綱には負けない大関が三人いたら、それだけで盛り上がるんですけど。今場所は期待の白鵬、琴欧州の調子がよくなかったので、最後に大関に頑張って欲しい。夏場所にはまた両国に見に行きたいと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.19

初場所十日目

 魁皇が左肩痛で十日目から休場。綱取りを騒がれて、怪我を押して昨日まで相撲をとってきたのだろうが、怪我も含めて体調管理は自己責任。しっかり直して再度綱を目指して頑張って欲しい。

 朝青龍は強い。昨日の内無双は自分の取り組みがよく見えているから出せる技だと思う。当たり負けない、組んだら強い、技も持っている。本当に憎たらしいほど強い。体は小さくても北の湖理事長の横綱時代を髣髴とさせる。

 もう一人の大関、千代大海は今場所引かなくなった点はいい。でも、前に出るだけでは能がない。前に行くだけでいつまでも相撲が取れるほどの器とは思えない。

 若手で注目は、白鵬、それと琴欧州。白鵬はもはやいうまでもない。琴欧州は昨日の栃東戦でもそうだが、当たる時の姿勢がいい。あの体であの低さ、あれが貴ノ浪にあったら横綱だったろうにと思えるほどの取り組み。
 もう一人あげれば、岩木山。当たりの強さ、前に出る力は千代大海以上だと見た。今場所、前頭筆頭なので次は三役復帰間違いないと見ているが、そうなったらあとは相撲のうまさを身につけて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.12

魁皇がんばれ!

ryogoku1x60
 昨日は両国へ行ってきました。たまには生で観るのもいいものです。焼き鳥も好きですし。

 魁皇はまた負けてしまいました。まあ、白鵬相手ではしょうがないかもしれません。これでもう綱取りのプレッシャーはなくなりましたから、今日からは本当の魁皇の強さを見せてほしいと思います。

 今日は夜のニュースでしか見られないと思いますが、魁皇の健闘を期待します。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.11

初場所二日目の感想

1.10.'05.60x60
 昨日の天気はやたらと良かったのですが、風は非常に冷たかった。東京競馬場は人出が多く賑わっていましたが、私の馬券はおとなしく捨てられていくだけでした。

 相撲を見ていたら、魁皇は負けてしまいました。これで今場所での綱取りはもう無理だと思います。今場所綱取りを果たすには、私は全勝優勝しないと納得できないと思っていました。負けても朝青龍にだけ負けて、1敗で優勝ならまだ望みはあるかな、といったところではなかったでしょうか。

 いま、横綱になるということは、朝青龍の向こうを張って十分やっていけるだけの力士でなければ意味がありません。魁皇が二場所連続で優勝して、もしかしたら朝青龍より強いかもしれないと思わせれば当然横綱ですが、今場所はそれは魁皇には不可能です。それでも綱取りをさせたいなら、全勝優勝でしょう。全勝でもないとすると、負けても対朝青龍に1敗だけでの優勝です。横綱が1番か2番取りこぼす中で、横綱以外の力士には決して負けないというところを示さないと、朝青龍に対峙して綱を張ることはできないと思うのです。ですから、昨日琴の若に負けた時点で、綱取りはなくなったと考えます。

 でも、相撲の魅力は横綱だけではありません。若貴のお父さんの貴乃花は大関まででも私は好きでしたし、人気もありました。小錦だって横綱の器ではなかったのかもしれませんが、素晴らしい力士でした。魁皇も「気は小さいけれど力持ちのお相撲さん」で私は好きな力士です。好きだからこそ、安易な綱取りよりも、一番一番を魁皇らしくしっかりと相撲をとってほしいと思うのです。もちろん、いずれ横綱になってほしいとは思います。たとえ、横綱在位が一場所だけで引退になろうと、あるいは結果的に横綱にはなれなくとも、土俵に上がる以上は上を目指して堂々とした相撲を見せてほしいと願います。

 昨日見ていてよかったのは、岩木山です。高見盛を相手に、同郷の先輩としてしっかりとした相撲をとっていました。立会いから一歩も止まらずにまっすぐ進んで、寄り切りとも押し出しともつかないように見えましたが、決まり手は寄り切りでした。次にこの二人が対戦する時は見ものです。高見盛にしても、これ以上同じ相手に負け続けたくはないでしょうから、どんな攻略法を編み出すのか楽しみです。高見盛には今日こそ初日を出してほしいと期待します。

| | Comments (0) | TrackBack (1)